コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グランゼコール grandes écoles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グランゼコール
grandes écoles

フランスの国立教育機関のうち,実務的な特定の職業人を養成することを目的とするものの総称。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) ,エコール・ポリテクニク (高等理工科専門学校) などが含まれる。 18世紀末から 19世紀に現れ,約 300校に 10万人が在籍する。多くは文部省以外の諸官庁の所管のため,学位授与権はもたないが,官僚をはじめとするフランスのエリートたちはそのほとんどが,この学校群の卒業生である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

グランゼコール【grandes écoles】

フランスで、一般の大学とは系統を異にし、各分野のエリート養成を目的に設立された高等教育機関の総称。エコール-ノルマル-シュペリュール(高等師範学校)、エコール-ポリテクニーク(理工科大学)など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グランゼコール
ぐらんぜこーる
grandes coles

フランスにおいては、国立大学よりもはるかに社会的な権威の高い高等教育機関が多数存在している。これらの学校は総称して「グランゼコール」とよばれている。フランスは、ルイ14世の絶対王制以降、とくにナポレオン帝政を通じ中央集権体制が強固なものとされ、中央政府は多くの優秀な官僚を必要としてきた。そして、この目的を達成するためのエリート官僚の計画養成機関が、まさにグランゼコールであった。
 すでに1700年代までに、文部省所管のエコール・ノルマル・シュペリュール(高等師範学校)、国防省所管のエコール・ポリテクニク(理工科大学校)などの有名校を含む相当数のグランゼコールが設立された。なお、立法・行政分野の要人を多数輩出している総理府所管のエコール・ナショナル・ダドミニストラシオン(国立行政学院)は、1945年に設置されたグランゼコールである。グランゼコールに入学するのがむずかしいといわれているのは、有名高等中学校(リセlyce)に設けられている進学準備学級classes prpratoires aux grandes colesの課程を通らねばならないからである。そのためにはバカロレア(大学入学資格)試験で、きわめて高い得点が必要なほか、その学級の激烈な入学試験に合格しなければならない。歴代大統領のなかでポンピドー、ジスカール・デスタンは、それぞれ高等師範学校、理工科大学校、シラクは国立行政学院(ENA)の優等生であったことはよく知られている。[内藤 真]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グランゼコールの関連キーワードエコール・ナシオナル・ダドミニストラシオンエコールノルマルシュペリュールエコールポリテクニークエマニュエル カレールエコールデボザール大学(教育機関)テクノクラシー英才教育エコールノルマルアレー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グランゼコールの関連情報