コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリーノック グリーノック Greenock

2件 の用語解説(グリーノックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリーノック
グリーノック
Greenock

イギリススコットランド中西部,インバークライド北部の港湾都市グラスゴーの西,クライド湾の南岸に位置する。1635年勅許都市になるとともに外国貿易が始まり,フランスバルト海沿岸諸国とのニシンの取り引きが行なわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリーノック
ぐりーのっく
Greenock

イギリス、スコットランド南西部の港町。人口4万5200(2002推計)。クライド湾北岸に位置する。造船、機械工業が発達し、グラスゴーの港湾・工業機能を分担するほか、砂糖精製、毛織物工業なども立地する。17世紀までは小漁村であったが、18~19世紀に港の拡大、工業発展がみられた。蒸気機関の発明者ジェームズワットの生地。[米田 巌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリーノックの関連キーワードスコットランドヤードバノックバーンローランドエジンバラリンリスゴーHighlandsスコットランド室内管弦楽団ノーサンバーランド公スコットランド中央低地スコットランド風

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グリーノックの関連情報