グルタミン酸ソーダ(読み)グルタミンさんソーダ(英語表記)sodium glutamate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グルタミン酸ソーダ
グルタミンさんソーダ
sodium glutamate

グルタミン酸モノナトリウム。白色,無色の針状晶で水に溶けやすく,うまみをもち調味料として使われる。小麦粉のグルテン脱脂大豆アミノ酸から精製する方法が行われていたが,発酵法として,デンプン糖蜜などからとる方法のほか,合成法として,石油化学製品のアクリロニトリルを化学的に反応させて得る方法も行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グルタミン酸ソーダ【グルタミンさんソーダ】

グルタミン酸の1ナトリウム塩。水に溶ける無色の針状結晶。L-体は〈味の素〉など化学調味料として利用され,コムギやダイズなどの植物タンパク質の加水分解または発酵法によって得られたグルタミン酸をアルカリ処理して製造されている。
→関連項目味の素[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

グルタミンさんソーダ【グルタミン酸ソーダ】

グルタミン酸ナトリウム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android