コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレシャムの法則 グレシャムのほうそくGresham's law

翻訳|Gresham's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレシャムの法則
グレシャムのほうそく
Gresham's law

イギリスの T.グレシャムが唱えたとされている法則で,「悪貨は良貨を駆逐する」 Bad money drives out goodという言葉で有名。一つの社会で,名目 (額面) 価値は等しいが素材価値の異なる2種類の貨幣が同時に流通する場合には,素材価値が高いほうの貨幣はその素材自体の価値のために退蔵されたり,つぶされたり,海外に流出したりするため,実際に市場に流通するのは,素材価値の低いほうの貨幣だけになるというもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グレシャム‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【グレシャムの法則】

一つの社会で材質の悪い貨幣と良質の貨幣とが同一の価値をもって流通している場合、良質の貨幣は退蔵・溶解・輸出などで市場から消えて、悪い貨幣が流通するという法則。グレシャムが唱えた。「悪貨良貨を駆逐する」という言葉で有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

グレシャムの法則【グレシャムのほうそく】

英国の財政家グレシャムT.Gresham〔1519ころ-1579〕の唱えた〈悪貨は良貨を駆逐する〉という法則。素材価値の異なる2種以上の通貨が同一の名目価値で流通する時は,素材価値の高い貨幣は,鋳つぶし,輸出,退蔵などによって流通面から姿を消していき,素材価値の低い貨幣が流通するようになること。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

グレシャムの法則

「悪貨は良貨を駆逐する」(Bad money drives out good)という法則。1558年、英王室の財務官だったT.グレシャムがエリザベス女王に対して進言したとされる。 材質の異なる(金や含有量の異なる)貨幣が同一額面で流通された場合、品質の良い方の貨幣は、蓄蔵されたり地金に戻されて使われたりするため、結果として品質の悪い貨幣だけが流通するようになる、という現象を憂慮したもの。 グレシャムの法則は、本来の意味から離れて比喩的に用いられる場合も多い。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グレシャムのほうそく【グレシャムの法則 Gresham’s law】

〈悪貨は良貨を駆逐するBad money drives out good.〉という法則。同じ額面価格で通用し,しかも一枚あたりの金の含有量の異なる2種類の金貨があるとしよう。公衆は,日々の支払にはもっぱら金の含有量の少ないほうの鋳貨(悪貨)を用い,多いほうの鋳貨(良貨)を退蔵するであろう。つまり良貨は流通過程から駆逐されることになる。1560年イギリス人グレシャムThomas Gresham(1519‐79。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

グレシャムのほうそく【グレシャムの法則】

グレシャムが主張した「悪貨は良貨を駆逐する」という原則。品位量目の違う二種の貨幣に、同一の名目価格をつけて流通させる時、実質価値の高い貨幣は蓄蔵されたり、地金として使用されたりして市場から姿を消し、実質価値の低い貨幣のみ残るというもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレシャムの法則
ぐれしゃむのほうそく
Gresham's law

イギリスのT・グレシャムが16世紀に唱えたもので、「悪貨は良貨を駆逐する」ということばで有名な法則。ある社会において、貴金属としての素材価値が異なる2種類以上の貨幣が同一額面価格で流通する場合、素材価値の優れた貨幣(良貨)はその価値ゆえに退蔵されたり、溶解されて地金にされたり、輸出されたりなどして流通市場から駆逐され、素材価値の劣悪な貨幣(悪貨)だけが流通するようになることをいう。この現象それ自体は古くから観察されてきたものであるが、それが法則として有名になったのは、グレシャムがエリザベス女王(1世)に貨幣悪鋳の弊害を除去するよう提唱し、のちにH・D・マクラウドがその著『政治経済学の諸要素』(1858)で法則として命名したことによる。[外山茂樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のグレシャムの法則の言及

【価原】より

…題名は価(賃金,物価)とは何か,価の本質,の意。河上肇が1905年《国家学会雑誌》で,ついでまた福田徳三が,それが貨幣数量説(〈金銀多ければ物価貴し金銀少ければ物価賤し〉),グレシャムの法則(〈悪幣盛んに世に行はるれば精金皆隠る〉)を主張していることを指摘して以来,江戸時代の経済論,貨幣論の傑出したものとして有名になったが,論は広く政治政策論にも及んでいる。梅園が,明治時代一般に知られるようになったのは,この1編によってである。…

※「グレシャムの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グレシャムの法則の関連キーワード両本位制度贋金つかい金銀比価貨幣改鋳撰銭価原

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android