コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレーズ Gleizes, Albert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレーズ
Gleizes, Albert

[生]1881.12.8. パリ
[没]1953.6.24. アビニョン
フランスの画家。初め印象主義の影響を受けたが,1906年からセザンヌに近づき,色面構成による絵画を描く。 10年にはキュビスムの深刻な感化を受け,12年に J.メッツァンジェとの共著『キュビスム論』 Du Cubismeを出版するとともに,立体派の代表的な作家の一人となる。ニューヨーク滞在中の 17年に宗教画に転じ,壁画を制作。後年の作品には伝統的なカトリックのテーマとキュビスムの理念との結合を意図したものが多い。主要作品は『動物を伴う婦人』 (1914,ベネチア,グッゲンハイム・コレクション) ,『コンポジション』 (37~38,パリ国立近代美術館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グレーズ

フランスの画家。パリ生れ。早くから詩人ポール・フォール,ベルハーレンと交友。絵は独学。1909年キュビスムに参加,メッツァンジェとの共著《キュビスムについて》(1912年)などで理論家としても活躍。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

グレーズ

 魚などを凍結保存するとき,表面が乾燥しないようにの薄い層を作るが,その氷の層.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

グレーズ【glaze】

グラッシに同じ。
魚を冷凍貯蔵する際、空気に触れて変質するのを避けるため、魚の表面に作る薄い氷の被膜。
陶磁器の釉うわぐすり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレーズ
ぐれーず
Albert Gleize
(1881―1953)

フランスの画家。1901年ころより印象派風の画(え)を描くが、06年ころから総合主義風の画風となる。同じころ、ジョルジュ・デュアメル、シャルル・ビルドラックらとともに、クレテイルのグループに参加。やがてル・フォーコニエ、レジェらの影響下に、セザンヌ風キュビスムの作品を11年のアンデパンダン展に出品、翌年にはセクション・ドールのグループに大作『刈入れ』(ニューヨーク、グッゲンハイム美術館)を出品、動的、色彩的キュビスムの代表的な画家となる。15~17年アメリカ滞在。帰国後、神秘主義的傾向と抽象的画風の結合した作品を創造。南フランスに住み、東洋、ケルト、ロマネスクなどの造形を摂取し、独自の叙情性に富んだ抽象絵画を描いた。著書も多いが、メッツァンジェと共著の『キュビスム』(1912)、および『形態と歴史』(1932)が代表的なもの。[中山公男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グレーズの関連キーワードウェスト・パーム・ビーチウェスト・パーム・ビーチエバーグレーズ国立公園ジャングル・パトロールフォートローダーデールクイーン・エリザベス号エヴァグレーズ国立公園ジャン メッツァンジェインズ・オブ・コートオキーチョビー[湖]ド・ジェルドロードオキーチョビー湖カスタードソースセーブル[岬]エバーグレーズフロリダ[州]アクリル絵の具ローブ(衣服)エバグレーズ清水グレーズ

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グレーズの関連情報