コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グローバル・オーシャンフラックス研究 グローバル・オーシャンフラックスけんきゅうglobal ocean flux study

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グローバル・オーシャンフラックス研究
グローバル・オーシャンフラックスけんきゅう
global ocean flux study

1988年から開始された気象学的,生物学的に重要な物質 (炭素や二酸化炭素など) の海中での移動の観測,地球が蓄えている太陽熱の海中および大気中を移動する熱量の割合の算定など,海洋中での物質とエネルギーの移動についての研究。海の持つ膨大なエネルギーを人間生活に積極的に利用しようとすることだけが海洋開発の進むべき方向であるとはかぎらない。海洋エネルギーによる災害を小さく食い止めること,未然に防止することも,海洋開発の重要な方向である。このような観点から,人間活動に根本的な影響を与える気候を左右する大気と海洋とのかかわりを理解することが必要となる。そこで,気候の変化をもたらす海洋の変化を把握し,モニタし,さらには予報のために,全地球的規模の研究が物理学的,化学的,生物学的,気象学的,地質学的側面から総合的に行なわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グローバル・オーシャンフラックス研究の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門キェシロフスキ高良留美子植物ホルモン竹下登内閣中川李枝子板場真二本州四国連絡橋井上光晴ソ連崩壊と東欧の歴史的変革

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android