コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケチカン ケチカン Ketchikan

4件 の用語解説(ケチカンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケチカン
ケチカン
Ketchikan

アメリカ合衆国アラスカ州最南東端部にある町。アレクサンダー諸島中のレビラジゲド島の入江に位置し,元来漁業集落であった。 1890年代のゴールド・ラッシュ時には鉱山への物資供給地でもあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケチカン(Ketchikan)

米国アラスカ州南東部の町。アレクサンダー諸島のレビラジギードー島南西部に位置する。19世紀末のゴールドラッシュ期に創設。不凍港をもち、サケ漁が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ケチカン【Ketchikan】

アメリカ合衆国アラスカ州南東部,アレクサンダー諸島南東部のレビラギギード島Revillagigedo Island南西部にある漁港。人口7198(1980)。1890年代のゴールドラッシュ時代に,物資補給港として創建された。漁業資源に恵まれ,サケ缶詰工場冷凍工場が立地し,また付近の針葉樹林を利用して製材工場(とくに高級なベイトウヒの製材)や大パルプ工場がある。アラスカ州南東端部の商業の中心地でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケチカン
けちかん
Ketchikan

アメリカ合衆国、アラスカ州南東部、アレクサンダー諸島、レビラジギードー島南西岸の水産都市。人口7922(2000)。アラスカ有数の不凍港を有し、交易・寄航地として重要である。サケ漁の中心地としても知られ、大規模なサケ缶詰・加工工場があり、アラスカ最初のパルプ・製材業も健在である。1890年代のアラスカのゴールド・ラッシュ時代に町が創設され、金採掘者のための物資供給地として発展した。また合衆国本土からの船舶の寄航地としては、アラスカ最初の町として繁栄した。観光資源にも恵まれ、森林地帯にはシカ、クマ、オオカミが生息し、絶好の釣り場も多い。市域には先住民トリンギトなどが残したトーテムポールが数多く残り、トーテム文化遺産センタートンガス歴史協会博物館などで収集しているほか、公園などで見ることもできる。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケチカンの関連キーワードアラスカ半島アラスカ湾シトカアラスカネブラスカアレウト[列島]アレクサンダー[諸島]キスカ[島]プリビロフ[諸島]アラスカ[山脈]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケチカンの関連情報