ケマルアタチュルク(英語表記)Mustafa Kemal Atatürk

デジタル大辞泉の解説

ケマル‐アタチュルク(Mustafa Kemal Atatürk)

[1881~1938]トルコの政治家・軍人。共和国初代大統領。第一次大戦後、連合国への領土割譲を認めたセーブル条約に抗して、祖国解放運動を組織、1923年スルターン制を廃止して共和国を樹立。トルコの近代化を推進し、議会からアタチュルク(父なるトルコ人)の称号を贈られた。ケマル=パシャ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ケマルアタチュルク【Mustafa Kemal Atatürk】

1881~1938) トルコ共和国の創立者。初代大統領(1923~1938)。第一次大戦後、セーブル条約を拒否して兵を挙げ、ギリシャ軍を撃退。大国民議会を開設し帝政を打倒。トルコの近代化に努め、アタチュルク(父なるトルコ人)の称号を受けた。ケマルパシャ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ケマル‐アタチュルク

(Kemal Atatürk) (「アタチュルク」はトルコ語で「父なるトルコ人」の意で、議会からおくられた称号) トルコ共和国の初代大統領(在職一九二三‐三八)。伊土戦争、バルカン戦争に参加し、第一次世界大戦では英仏連合軍を撃破。大戦後セーブル条約に反対し、大国民議会を召集、共和制を樹立した。大統領就任後、政教分離、身分制度の撤廃、男女同権の実行、トルコ‐ローマ字の採用など、近代化政策を推進した。ケマル=パシャ。(一八八一‐一九三八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android