コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルビーニ ケルビーニ Cherubini, (Maria) Luigi (Carlo Zenobio Salvatore)

5件 の用語解説(ケルビーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルビーニ
ケルビーニ
Cherubini, (Maria) Luigi (Carlo Zenobio Salvatore)

[生]1760.9.14. フィレンツェ
[没]1842.3.15. パリ
イタリアの作曲家。父親,およびフェリチ父子に手ほどきを受ける。初期には,パレストリーナ様式に基づくミサ,オラトリオカンタータなどの宗教作品を多数作曲。 1785年にはロンドン宮廷作曲家をつとめ,翌年パリへおもむき,88年に野心的なフランスオペラ『デモフォーン』を上演,19世紀フランス・グランド・オペラの先駆をなした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ケルビーニ

イタリアの作曲家,教育家。フィレンツェ,ボローニャベネチアでオペラ作曲家G.サルティ〔1729-1802〕らに学び,劇音楽に習熟。1886年パリに居を定め,指揮者として活動する一方,オペラを中心に作曲を続けた。
→関連項目カラス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ケルビーニ

イタリアの作曲家。理論家や指導者としての活動も行った。ハープシコードの奏者であった父親の10番目の子どもとして生まれ、6歳から父親の手ほどきを受けた。9歳の時にバルトロメオアレッサンドロフェリー ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ケルビーニ【Luigi Cherubini】

1760‐1842
イタリアの作曲家。9歳から音楽学校に入り,1779年までにミサ,マニフィカトなど約40曲の宗教的作品を書いている。1778年G.サルティのもとに行き,対位法の技術と劇音楽の基礎を身につけ,80年,20歳のときオペラ《クイント・ファビオ》ほか数曲の作品を書いた。86年以来パリに定住し,新作のオペラの作曲のほか指揮をとった。1822年からはパリ国立音楽院院長も務めた。おもにオペラ・コミックの分野で活躍したが,レクイエム等の宗教作品や交響曲,弦楽四重奏曲も作曲,声楽・器楽両分野でフランス音楽における古典主義時代からロマン主義時代への橋渡し的役割を果たし,当時パリで知られるようになったウィーン楽派の作風を積極的に導入した作品を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケルビーニ
けるびーに
Luigi (Zanobi Salvadore Maria) Cherubini
(1760―1842)

イタリアの作曲家。フィレンツェ生まれ。1788年からはパリに住んで、フランス語によるオペラ作曲家として名声を博した。チェンバロ奏者の父から音楽の手ほどきを受け、1778年にはボローニャでサルティに師事、翌年にはミラノに移り作曲技法を磨いた。80年、20歳でオペラ『クィント・ファービオ』をピエモンテ地方のアレッサンドリアで上演、オペラ作曲家の道を歩き始めた。その後フィレンツェなどトスカナ地方の諸都市を中心にオペラを発表、いちおうの成功を収めはしたが、経済的困窮から84年ロンドンに行き、ヘイマーケットのキングズ劇場の音楽家となった。
 1788年にはパリに移り、同年最初のフランス語作品『デモフォーン』をオペラ座で上演、これはあまり評判にならなかったものの、『ロドイスカ』(1791)が大成功、一躍彼の名声を高めた。その結果、視学官に任命され、95年にパリ音楽院が発足すると、グレトリー、メユール、ゴセックらとともに作曲の教授に就任した。97年には彼のオペラのなかで今日も上演される『メディア』を、ついで1800年には『二日間』を発表、後者はフランス革命前後に流行した「救出オペラ」の代表的作品で、波瀾(はらん)に満ちた筋とケルビーニの劇的効果をもった音楽が調和、大成功となった。ナポレオンに好まれなかった彼は、以後創作面では低調で、05年ウィーンで『二日間』などを上演、ハイドンやベートーベンと知り合ったほかは、作曲から遠のいた生活をパリで続けた。そして、ナポレオン失脚後、宮廷礼拝堂音楽監督に招かれたのを機に宗教音楽や室内楽曲を多く作曲、また22年から42年まではパリ音楽院院長の地位にあり、19世紀フランス音楽を代表する音楽家たちを多数教育した。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のケルビーニの言及

【フランス音楽】より

…そして19世紀になっても大勢は依然オペラが第一であった。しかも,D.F.A.オーベールの《ポルティチの啞娘》,J.F.アレビーの《ユダヤの女》あたりを例外として,もっぱら外来者ケルビーニ,ロッシーニ,とりわけドイツ系ユダヤ人の折衷主義者マイヤーベーアの《鬼のロベール》以降の諸作が,オペラ・ロマンティックすなわちグラントペラgrand opéra(グランド・オペラ)に君臨していた。かたわら1780年代以降の〈ロマンス〉流行を反映してか,多くのフランス人作曲家(ボイエルデュー,オーベール,F.エロール)は,オペラ・コミックの作曲に励む。…

※「ケルビーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケルビーニの関連キーワードエロールイタリアのハロルドベッリーニマリピエロカセッラ(カゼッラ)シスケピクシスマルトゥッチメラルティン中田 喜直

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケルビーニの関連情報