コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンブリッジ分析学派 ケンブリッジぶんせきがくはCambridge analysists

2件 の用語解説(ケンブリッジ分析学派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケンブリッジ分析学派
ケンブリッジぶんせきがくは
Cambridge analysists

1920年代イギリスケンブリッジ大学を中心に起った論理実証主義運動。 G.ムーアや B.ラッセルを中心として起り,L.ウィトゲンシュタインなどがこの学派に属する。この学派は同時代の論理実証主義諸運動 (ウィーン学派ベルリン学派,ウプサラ学派) と,反形而上学の面で共通であるが,科学と常識を尊重するイギリス哲学の伝統を受継いでいる点では他派と主張を異にする

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケンブリッジ分析学派
けんぶりっじぶんせきがくは

かならずしも確立された名称ではないが、20世紀初頭のケンブリッジ大学を中心に、19世紀後半からの主流であるイギリス・ヘーゲル学派を批判し、実在論、経験論を主張して、イギリス思想をその本来の伝統にふさわしい伝統に返した一群の哲学者たちの呼称。ラッセルムーア、ウィットゲンシュタイン、C・D・ブロードらを代表とする。このうちでラッセルと前期のウィットゲンシュタインは、19世紀から発展した論理思想に依拠する哲学を展開し、とくに後者は論理実証主義の成立に大きな影響を与えた。これに対して、ムーアや後期のウィットゲンシュタインは、日常言語学派の発展に多大の貢献を示した。[杖下隆英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ケンブリッジ分析学派の関連キーワードフルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽変成相映画理論小作争議小協商地主制推理小説

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone