コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーブルカー ケーブルカー cable car

翻訳|cable car

6件 の用語解説(ケーブルカーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーブルカー
ケーブルカー
cable car

空中や地上のケーブル (索条) を用いて,それに接続された搬器を動かす装置。おもに旅客輸送に使われ,空中索道 (ロープウェー) ,鋼索鉄道などがある。歯軌鉄道 (ラックレールウェー) は含まない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケーブル‐カー(cable car)

山の急斜面に設けた軌道上を、ケーブルを取り付けた車両が上下するもの。鋼索鉄道。索状鉄道。ケーブル。
もと、ロープウエーのこと。空中ケーブル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ケーブルカー

鋼索鉄道とも。車両に結びつけたワイヤロープを地上の巻上機で巻き上げて,急勾配(こうばい)のレール上を運転する特殊鉄道。つるべ式(行き違い個所のみ複線)と循環式(複線)がある。
→関連項目ワイヤロープ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ケーブルカー【cable car】

鋼索鉄道ともいう。車両に結びつけた鋼索(ワイヤロープ,ケーブルともいう)を地上に設置した巻上機で巻き上げて,急こう配に敷設したレール上に車両を運転する特殊鉄道。登山鉄道の一手段として知られるが,歴史的にはアメリカをはじめ市街地交通手段として利用されたこともあり,サンフランシスコでは現在も観光的価値から実用されている。また地下に建設された(グラスゴー)ものもあった。英語では鋼索鉄道はcable railwayあるいはfunicular railwayと呼び,cable carはこれに用いられる車両を指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ケーブルカー【cable car】

急傾斜面を上下するために、車両を鋼索に連結して勾配の最高点の巻き上げ装置によって運転を行う鉄道。鋼索鉄道。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケーブルカー
けーぶるかー
cable railwaycable carfunicular

ケーブル(鋼鉄製のロープ)で線路上の車両を山上に引き上げる登山鉄道。鋼索鉄道ともいう。動力用のモーターは車両にはなく、地上の動力室に据え付けられている。世界最初のケーブルカーは、1830年にスイスに登場した。高い山の頂から美しい景色を見ようという観光目的のためであった。日本では1918年(大正7)開業の奈良県生駒(いこま)山の生駒鋼索鉄道(現、近畿日本鉄道生駒鋼索線、鳥居前―宝山寺間)が最初である。線路延長1キロメートル、高低差150メートル。敷かれた目的は、山上の生駒聖天参詣(さんけい)のためであった。[吉村光夫]

構成

つるべ式と循環式に大別されるが、大部分が前者であり、日本ではすべてつるべ式である。つるべ式は、ケーブルの両端に車両を結び付け(一方に車両ではなく、おもりを付けたものもある)、モーターでケーブルを巻き上げ、車両を上下させる。線路は単線であるが、上下する車両がすれ違えるよう中間部のみ複線となっている。この部分のポイント切り換え装置を省略するため、片側の車輪のフランジflange(輪縁)が特殊構造になっており、反対側の車輪にはフランジがない。屋根にパンタグラフがある場合でも、モーターへの集電用ではなく、照明や通信用である。乗務員は保安と観光案内が任務で、運転士は地上の動力室にいる。時速10キロメートル前後。
 循環式は数少ないが、アメリカのサンフランシスコ市交通局のものが有名である(1873年開通、3路線18キロメートル)。これは、モーターが地上に据え付けられている点はつるべ式と同様であるが、ケーブルはレールの中央に掘られた溝の中を時速15キロメートルで走行する。車両にはグリップマンという運転士が乗っており、グリップレバーでケーブルを徐々に握りながら加速する。停止するときはケーブルを離しブレーキをかける。一方向に定速度で走り続けるため、全線複線で、車輪は通常の形である。モーターの出力限度内ならば何両でも連結でき、つるべ式より輸送力は大きいが、勾配(こうばい)に対しては限度がある。なお、1989年(平成1)に開催された横浜博覧会において循環式ケーブルカーとして横浜エスケイの「動くベンチ」が稼動していた。[吉村光夫]

勾配と車両

線路の勾配は、水平距離に対する高さの比を千分率(‰)で表す。一般の鉄道では80‰が限度とされ、それ以上の急勾配になると、車輪が空転してしまう。そのため、走行レールの間に歯形レールを敷き、車両につけた歯車をかみ合わせて上下するラックレール方式を採用せざるをえないが、この方式でも480‰が限度とされる。ケーブルカーはそれ以上の急勾配で使用される。たとえば、東京西郊の高尾登山電鉄は最大608‰で、日本で最急勾配となっている。
 車体は勾配区間専用のため、横からみると平行四辺形で、床は階段状になっている。車両は、長さ12~13メートル、定員80人前後と小型で、ケーブル巻上げ用モーターは300馬力程度である。2両で上下走行をするため、路線を長くするとケーブルの重量が大きくなり、また運転間隔が開くので線路延長は長くて2キロメートル、普通は1キロメートル前後のものが多い。日本の路線数は2013年末時点で21社24線、総延長23.2キロメートルである。世界の最長路線はスイスのシェール―モンタナ間で4.2キロメートル、日本では比叡山(ひえいざん)鉄道の坂本―叡山中堂2.0キロメートルである。[吉村光夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のケーブルカーの言及

【生駒山】より

…生駒山の東腹にある宝山寺(生駒聖天)は〈生駒の聖天さん〉として大阪商人の信仰を集め,門前町が発達した。1918年に日本最初のケーブルカーが東麓から宝山寺まで開通し,29年に山頂まで延長されたため従来の参詣道はさびれた。山頂は夏季の遊園地となり,回転展望台,飛行塔などの施設が設けられてにぎわい,またテレビの送信アンテナが立ちならび,マイクロウェーブの中継所や天文台などもある。…

【民営鉄道】より


[路線]
 1996年3月末現在で開業中の鉄道(JRを除く)は169事業者6885.9km,軌道は30事業者446.8km,合計181事業者7332.7kmある(うち18事業者は地方鉄道と軌道を併有)。この中には,特殊な構造を持つ鉄道として,鋼索鉄道(ケーブルカー)22事業者24.0km,懸垂式鉄道および跨座式(こざしき)鉄道(モノレール)6事業者31.4km,案内軌条式鉄道(ゴムタイヤ式のいわゆる新交通システムなど)8事業者79.1km,無軌条電車(トロリーバス)1事業者6.1kmが含まれている。このほか,普通索道(ロープウェー)が188線302.6km,甲種特殊索道(夏山リフト)が172線73.3km,乙種特殊索道(スキーリフト)が2770線1720.2km,丙種特殊索道(スキートー)が43線18.6kmある。…

※「ケーブルカー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケーブルカーの関連キーワード鋼索鋼索鉄道測深機思ひ寄す下げ縄結び付ける索測深サロンカー信太巻吊架線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケーブルカーの関連情報