コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーブル構造 ケーブルこうぞうcable structure

1件 の用語解説(ケーブル構造の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ケーブルこうぞう【ケーブル構造 cable structure】

石やコンクリートは圧縮に強く引張りに弱い。そのため,この特徴を生かしてつくった構造は支える構造となる。これに対して,ケーブルは圧縮に弱く引張りに強い。この性質をじょうずに利用した構造がケーブル構造で,サスペンション構造suspension structure,あるいは懸垂構造とも呼ばれ,いわゆるつる構造となる。つり橋はケーブル構造の典型例で,ツタなどの自然材料を用いたつり橋はかなり古くから用いられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケーブル構造の関連情報