コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーブル構造 ケーブルこうぞう cable structure

1件 の用語解説(ケーブル構造の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ケーブルこうぞう【ケーブル構造 cable structure】

石やコンクリートは圧縮に強く引張りに弱い。そのため,この特徴を生かしてつくった構造は支える構造となる。これに対して,ケーブルは圧縮に弱く引張りに強い。この性質をじょうずに利用した構造がケーブル構造で,サスペンション構造suspension structure,あるいは懸垂構造とも呼ばれ,いわゆるつる構造となる。つり橋はケーブル構造の典型例で,ツタなどの自然材料を用いたつり橋はかなり古くから用いられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケーブル構造の関連キーワード石橋コンクリート鉄筋コンクリート生コンクリート交番応力サーモコンクリート軽量気泡コンクリートコンクリート舗装鉄筋コンクリート造

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケーブル構造の関連情報