コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲブ ゲブGeb

4件 の用語解説(ゲブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲブ
ゲブ
Geb

古代エジプト神話の大地の神。大気の神シューおよび湿りけの女神テフヌトの息子。姉妹の天空の女神ヌトと結婚し,オシリスイシスセトネフテュスの4子をもうけたといわれ,別の伝説では,太陽神のレーも,この夫婦の子で,ゲブはすべての神々のなかで最古の存在であるともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ゲブ

古代エジプトの大地の神。イシス,オシリスらの父。妻のヌート(天空神)と抱き合っていたが,シュー(大気の神)によって引き離される。横たわったゲブの上にシューが立ち,ヌートを支える図像はよく知られている。
→関連項目シュー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゲブ【Geb】

古代エジプトの大地の神でヘリオポリスの九柱神の一人。シューとテフヌートの子ども,ヌートの兄で夫,オシリス,イシス,セト,ネフテュスの父でもある。ヌートと一体であったがシューによって引き離され,ヌートは身に星辰をちりばめた大空となったとされる。オシリスの法廷で死者の心臓の計量を見守る神々の一人。宗教的中心地は特にないが,アポリノポリスマグナの神殿に〈ゲブの丘〉がある。【中山 伸一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲブ
げぶ
Geb

古代エジプトの創造神話に出てくる男神。原初の創造神(ヘリオポリス神殿での伝承ではアトゥム「完全なもの」、のちに太陽神ラーと同一視された)が生んだ男神シューと女神テフヌトが結び付いて、男神ゲブと女神ヌトが生まれた。ゲブは大地を表し、天空を表す妹の女神ヌトを妻とした。初めこの2神は抱き合っていたが、父神シューが2神を引き離してヌトを天上に持ち上げ、ゲブを地上に横たえたといわれ、墓陵の壁画にはしばしばこの情景を示す絵画が描かれている。またゲブは、ときにアヒルを頭上にのせた姿で描かれているが、これは、大地が原初のアヒルから生まれた卵から現れたとする考え方を反映している。ゲブとヌトの結合により、男神オシリス、女神イシスとネフティス、そしてオシリスの弟にあたる男神セトが生まれた。なおゲブは、ギリシアの伝承などからセブあるいはケブ(ケーブ)ともよばれる。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゲブの関連情報