ゲーツヘッド(英語表記)Gateshead

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲーツヘッド
Gateshead

イギリスイングランド北東部,タイン・ウィア地域中部の都市。周辺を含めてゲーツヘッド地区を構成する。タイン川最下流南岸にあり,同川を隔ててニューカッスルアポンタインと相対する。タイン川にかけられた橋の南側に形成された小集落が,19世紀に周辺の炭田地帯の開発に伴って商業中心地となり,人口が急増した。製鉄製鋼,機械,食品などの工業があるほか,第1次世界大戦後の不況対策としてティームバレーに工業団地が建設され,軽工業を含む多種の小規模産業が設立された。ヨーロッパ最大規模のショッピングセンターがある。地区面積 142km2。地区人口 19万1300(2004推計)。都市人口 7万8403(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲーツヘッド
げーつへっど
Gateshead

イギリス、イングランド北東部、タイン・アンド・ウェア県の工業都市。人口19万1151(2001)。タイン川南岸に位置し、対岸のニューカッスル・アポン・タインと五つの橋で結ばれている。ノーサンバーランド炭田を控え、19世紀後半に造船、機械、製綱、製粉などの工業が発展した。1930年代初期の大不況で斜陽化が著しく、34年特別地域に指定され、造成された工業団地に、電気機械、化学製品などの近代工業が進出した。[井内 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android