コウタケ(皮茸,革茸)(読み)コウタケ(英語表記)Sarcodon aspratum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウタケ(皮茸,革茸)
コウタケ
Sarcodon aspratum

担子菌類ヒダナシタケ目イボタケ科のキノコの直径は 10~20cm,高さ 20cmに及ぶ。傘は漏斗形で茎のなかほどまでのくぼみがあり,その縁は外に巻き,上面にはあらい鱗片をもち,下面には 1cmに及ぶ無数の針状突起が密生している。初め肉質で淡紅色,次第に褐色を増すが,乾けばやや革質黒褐色となり,芳香を放つ。担子胞子は亜球形,淡褐色。日本特産,秋に広葉樹林の地上に群生する。食用として喜ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android