コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コジコーデ コジコーデKozhikode

5件 の用語解説(コジコーデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コジコーデ
コジコーデ
Kozhikode

旧称カリカット Calicut。インド南西部,ケララ州中北部の港湾都市アラビア海に面する主要港であるが,6~8月は南西季節風のため港は閉鎖され,それ以外の時期でも,港が浅いため船舶は沖合い 5kmに停泊して荷役する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コジコーデ

カリカット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

コジコーデ【Kozhikode】

インド南西部、マラバル海岸にある港湾都市。1498年バスコ=ダ=ガマが到達し、インド航路を開いて以来、西欧勢力の対インド貿易基地。旧称、カリカット。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コジコーデ
こじこーで
Kozhikode

インド南部、ケララ州北部の、マラバル海岸に面した港湾都市。英語名でカリカットCalicutという。人口43万6527、周辺部を含む人口88万0168(2001)。港としては近代的設備がなく、沖合いに停泊した船と陸との間に艀(はしけ)を使って貨物の移出入を行っているが、現在でもインド西海岸の重要な港の一つで、海岸近くには多数の倉庫や港湾施設がある。この地に特産のコショウや、ココヤシのコプラ、ゴム、コーヒー、茶、ローズウッド(木材)などが取引される。中世には手織り綿布の生産が盛んで、綿布のキャラコはカリカットの地名に由来するといわれる。
 1498年、ポルトガル人バスコ・ダ・ガマが喜望峰を回ってこの地に到着し、ヨーロッパ人の東方進出の第一歩をしるしたことで有名。1513~25年の間はポルトガルの根拠地となり、その後も17~18世紀の間、イギリス、フランス、デンマークなどの領有するところとなった。
 旧市街はポルトガル風のおもかげを残し、イギリス風のインドの諸都市とは違った風情をもつ。人々の服装も女性がスカーフで顔を包むなど、インドの他地域と異なったスタイルである。キリスト教徒もインドでは多い地方で、歴史の古い教会が古い町の中にある。ゴアにも近く、ポルトガル人との混血で色の白いゴアニッシュ・ピープルとよばれる住民も多い。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコジコーデの言及

【カリカット】より

…インド南西端ケーララ州北部のマラバル海岸に面する港市。現地名はコジコーデKozhikode。人口42万(1991),大都市域人口80万人(1991)。…

※「コジコーデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

コジコーデの関連キーワードキャラコキャラコ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone