コスタ・デル・ソル(読み)こすたでるそる(英語表記)Costa del Sol

日本大百科全書(ニッポニカ)「コスタ・デル・ソル」の解説

コスタ・デル・ソル
こすたでるそる
Costa del Sol

スペイン南部、地中海に沿う海岸の名。「太陽の海岸」を意味する。ジブラルタルの東からマラガを中心にしてアルメリアに至るまでの延長約300キロメートルに及ぶ。1960年代から急速に観光・保養地として開けた。平均気温は、マラガで1月12.5℃、8月25.6℃以下、年降水量300ミリメートルと温和である。ベティカ山系の山が海岸まで迫っているため、狭い帯状地をなしている。中央付近に位置する港湾・工業都市マラガには、多くのホテルやレストランが並び建つ。

[田辺 裕・滝沢由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「コスタ・デル・ソル」の解説

コスタ・デル・ソル

スペイン南部,アンダルシア・マラガ県の地中海岸の呼称。〈太陽の海岸〉の意。最大規模のリゾート地で,年平均326日の日照日。国内外の避寒,避暑客が訪れる。イスラム教徒による占領が約800年続き,その文化遺産もある。
→関連項目マラガ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のコスタ・デル・ソルの言及

【マラガ】より

…〈エル・マラガ〉と呼ばれる甘味の強いブドウ酒の産地で,またピカソの生地。マラガの西のトレモリノからマルベリャまではコスタ・デル・ソル(太陽海岸)と呼ばれる国際観光地域となっている。マラゲーニャ【岡住 正秀】。…

※「コスタ・デル・ソル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android