コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトシュ

百科事典マイペディアの解説

コトシュ

ペルーのアンデス山脈東斜面に位置する前2000年ころの遺跡。コトシュはケチュア語で〈石の小山〉の意。石造建築廃墟となって高さ14m,径100mを超える丘状を呈している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

コトシュ(Kotosh)

ペルー中部の都市ワヌコ西郊にある遺跡。1960年代、日本の調査団によって大規模な発掘調査が行われ、紀元前2000年頃のものとされる神殿をはじめ、十数層の遺構が見つかった。最古の遺跡はミト文化と命名され、のちのコトシュ文化・チャビン文化に続いたと考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

コトシュ【Kotosh】

ペルー中部山岳地帯のワヌコ市西方5kmにある古代遺跡。ワヤガ川に注ぐイゲーラス河畔の台地上にひろがる大規模な建造物遺構群である。標高約2000m。四周の環境は長雨の雨季と高温乾燥の乾季に分かれ,マゲイ(リュウゼツラン)とエスポストア(サボテン)の点在する荒地で,川に沿うわずかな緑地に農業が行われる。遺跡の中心をなすコトシュ(ケチュア語で〈石の小山〉の意)は径約100m,高さ14mを超え,十数層にわたる生活遺構が認められ,構築,修復,廃絶を繰り返す7文化期が知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コトシュ
ことしゅ
Kotosh

ペルー北高地、ワヤガ川上流イゲーラス川の右岸にある遺跡。ワヌコ市の西約1キロメートルの地点にあり、標高約2000メートル。1960年から3回にわたり、東京大学学術調査団によって発掘された。もっとも古い無土器層に対応する時代はミト期とよばれ、中央アンデスで最古の神殿の一つである「交叉(こうさ)した手の神殿」「小ニッチの神殿」がこれに属する。年代は紀元前2000年前後とされ、それに続いて、特徴ある熱帯林文化系の土器をもったワイラヒルカ期がくる。その後コトシュ期を経て、チャビン期に至り、さらにサハラパタ期、イゲーラス期と続くが、紀元後になると文化の発展は停滞する。現在、無土器時代の神殿が保存されているが、管理がよくないため荒廃している。[増田義郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコトシュの言及

【アンデス文明】より

…前2500年をすぎるとワタを栽培し,綿糸や綿布の製作もはじまった。山間部でも定住生活の方向が進み,前2千年紀初頭にはコトシュにみるように石造の神殿建築も現れる。形成期(前1800‐西暦紀元前後)の前期には土器や綿織物が普及し,中期(前1100‐前500)にはトウモロコシ,マニオク,ラッカセイなどが,灌漑設備をもつ畑で栽培され,標高4000mをこえる高原ではラマが家畜化され,アンデス地帯は食糧生産を生業の柱とするようになった。…

※「コトシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コトシュの関連キーワードリマ国立人類学考古学博物館プレ・コロンビア美術アンデス文明インカ美術増田義郎泉 靖一ペルー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android