コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コナスビ(小茄子) コナスビLysimachia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コナスビ(小茄子)
コナスビ
Lysimachia japonica

サクラソウ科の多年草。アジア東南部に広い分布をもつ。日本全域の山地原野にごく普通に自生している。全株に細毛があり,茎は長さ9~15cmで数本叢生して地面をはうように伸びる。葉は対生し,柄があり,卵円形で全縁である。夏に,葉腋に短い花柄のある黄色花をつける。萼片線形で5枚。花冠合弁で5深裂し,おしべ5本とめしべ1本がある。果実は球形の 蒴果で宿存萼があり下向きにつく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コナスビ【コナスビ(小茄子) Lysimachia japonica Thunb.】

日本全国の山地の道端や草原にふつうに見られるサクラソウ科匍匐(ほふく)性多年草(イラスト)。果実がナスに似ているので,この和名がついた。植物体全体に軟毛がある。茎は地をはい,葉は対生し,柄があり,広卵形で全縁,先はとがり,基部は広いくさび形で,長さ5~25mm,幅5~20mm,葉肉内に透明な腺点がある。4~6月,葉腋(ようえき)に1花をつける。萼裂片は線状披針形で,先は鋭くとがり,透明な腺点がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android