コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コバノガマズミ コバノガマズミViburnum erosum

2件 の用語解説(コバノガマズミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コバノガマズミ
Viburnum erosum

スイカズラ科の落葉低木。福島県以南の日本各地,朝鮮半島,中国などに分布し,普通,日当りのよい丘陵や山地に生える。幹は高さ 4mほどになり,若い枝には赤みを帯びた星状毛がある。葉は短い柄をもって対生し,倒卵状長楕円形で長さ4~10cm,両面に小さな星状毛がある。4~5月頃,枝先に白色の花が多数集って散房花序をつくる。花冠は径約 5mmで先が5裂し,その内側におしべ5本とめしべをもつ。果実は長さ6~7mmの卵円形で,秋に赤く熟す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コバノガマズミ
こばのがまずみ / 小葉莢
[学]Viburnum erosum Thunb.

スイカズラ科の落葉低木。高さ2~4メートル。花序は散房形で、花は白く、4~5月に開く。核果は球形、秋に赤く熟す。葉の大きさ、形、毛の多少など変異が多い。丘陵地や山地に多く生え、福島県以西の本州から九州、さらに朝鮮半島、中国に分布する。名は、葉が小さいガマズミの意味。ガマズミ、ミヤマガマズミオトコヨウゾメなどに近縁であるが、葉柄が2~4ミリメートルと短く、葉が小さいことなどにより区別される。[福岡誠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコバノガマズミの言及

【ガマズミ】より

…花や果実が美しいので,これらの種はしばしば観賞用に植えられる。コバノガマズミV.erosum Thunb.(イラスト)はガマズミに似ているが,名が示すように葉が小さく,葉柄が短く,花期は4月下旬から5月と少し早い。ミヤマガマズミV.wrightii Miq.は葉の形や葉柄の長さはガマズミに似るが,枝や葉の裏面などに絹毛が生え,星状毛がないことで区別される。…

※「コバノガマズミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone