コマユバチ(英語表記)Braconidae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コマユバチ
Braconidae

膜翅目コマユバチ科の昆虫の総称。寄生蜂の一つで,老熟幼虫が寄主の体に穿孔して体外に出て,小さいをつくって蛹となるのでこの名がある。ヒメバチ科に近縁である。体長 10mm以下の小型のものが多いが,例外的に 20mm以上にもなる大型のウマノオバチもこの科に入る。アオムシサムライコマユバチ Apanteles glomeratusは体長 3mm,体は黒色,肢部は赤褐色で,シロチョウ科の幼虫に多寄生する世界共通種であるが,日本ではモンシロチョウ,エゾシロチョウの幼虫につく。そのほかニカメイガ,マツカレハ,チュウレンジバチ,トドマツカミキリなどの害虫に寄生するものが多く,山林ないし農林上の重要種を含んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コマユバチ

膜翅(まくし)目コマユバチ科の昆虫の総称。体長2〜6mmの種類が多いがウマノオバチのような大型種もある。他の昆虫,特に完全変態をする種類の幼虫の体内に寄生し,寄主が蛹化(ようか)する直前にその皮膚に穴をあけて脱出。普通その場で小さな繭を作って蛹化する。農業害虫の天敵になる種類がいる。→アオムシサムライコマユバチ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コマユバチ
こまゆばち / 小繭蜂

昆虫綱膜翅(まくし)目有錐(ゆうすい)類コマユバチ科Braconidaeに属するハチの総称。世界で5000種以上、日本でも300種を下らない種類が知られている。分類学上ヒメバチ上科に属し、ヒメバチ科にきわめて似ているが、コマユバチ科は前翅の先端部に横断脈(第2反上脈)を欠いていることで簡単に区別できる。体長1ミリメートルぐらいから25ミリメートルぐらいのものまである。
 この科に属するハチは、鱗翅(りんし)目、膜翅目、甲虫目、双翅目、長翅目、噛虫(ごうちゅう)目などの卵、幼虫、蛹(さなぎ)、または成虫に寄生する。ほとんどの種類は内部寄生性で、餌物(えもの)となる昆虫(寄主とよばれている)の体内に産卵し、孵化(ふか)した幼虫はそのまま寄主の体内で摂食して成長する。十分成長したのち、寄主の体内で繭を紡ぐ種類と、体外に出て繭を紡ぐ種類がある。コマユバチという名称は、おそらくこの繭の形にちなんだものと考えられる。1匹の寄主から多数のハチの個体が羽化する多寄生といわれる種類と、つねに1匹の成虫だけが羽化してくる単寄生とよばれるものとがある。コマユバチはヒメバチやほかの寄生バチに比較して、その選択する寄主の範囲が限られている傾向が強いので、特定の農林業害虫の防除に利用される例が多い。
 アリに寄生する一群では、卵が植物の芽やつぼみなどに産み付けられ、孵化した幼虫は、その付近を通りかかったアリに便乗してその巣に運ばれる。この群はアリヤドリコバチ科Paxylommatidaeとして別に扱うべきだとする意見もある。コマユバチ科の近縁にアブラバチ科Aphididaeとよばれる一群があるが、この科のハチはすべてアリマキの内部寄生バチである。[桃井節也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android