コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コメット コメット comet

翻訳|comet

6件 の用語解説(コメットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コメット(comet)

彗星(すいせい)。「コメットハンター」
金魚の一品種。米国でつくられた。和金に似るが尾が長く、泳ぐ姿が彗星を思わせることからの名。
(Comet)英国で開発された世界初のジェット旅客機。1952年初就航。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

コメット

 米国産のダイズの品種の一つ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コメット【Comet】

イギリスのデ・ハビランド社が設計製作した世界最初のジェット旅客機DH106の名。初飛行は1949年。全長28.35m,全幅35m,ターボジェットエンジン4基を装備,後退翼と与圧客室をもち,乗客定員36名(1型)。定期航空に就航したのは52年5月2日BOACロンドンヨハネスバーグ路線が最初である。コメットの運航は最初一応順調であったが,53年5月空中分解で乗員乗客42名全員死亡,さらに54年1月および4月には空中爆発によってそれぞれ乗員乗客35名,21名全員死亡の大事故をひき起こした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コメット【comet】

彗星すいせい
イギリスが開発した世界最初のジェット旅客機。1949年初飛行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コメット
コメット

デハビランド・コメット」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コメット
こめっと
comet

ことばの意味(彗星(すいせい))から、この名称をつけた飛行機は少なくないが、そのなかでイギリスのデ・ハビランド社(ホーカー・シドレー社を経てブリティッシュ・エアロスペースBAe社となる)が生産した世界最初のジェット旅客機がもっとも有名である。このコメットは第二次世界大戦中にすでに計画され、1949年7月27日初飛行、52年5月南アフリカ線に就航。その画期的な高速度と快適性とで好評を博し、イギリス航空工業の水準を誇示したが、設計技術の未発達から、構造上の欠陥を露呈し、大きな事故が相次いだため、耐空証明が取り消された。57年に事故原因の究明の結果、欠陥を是正して再登場し、ジェット旅客機として世界で最初に北大西洋線に就航した。しかし、アメリカの大型ジェット旅客機の進出によって市場を奪われ、105機をもって生産が打ち切られた。中距離用の4Bでは、全幅34.2メートル、全長36.0メートル、翼面積191.3平方メートル、最大重量69.2トン、最大乗客数101人、最大時速890キロメートルといったデータであった。
 なお、本機以外にコメットと名づけられた飛行機としては、第二次世界大戦中のメッサーシュミットMe163迎撃用ロケット戦闘機、1934年ロンドン―メルボルン間連絡飛行競技に優勝し、マック・ロバートソン杯を獲得したデ・ハビランド社の初代のコメットDH88、38年ドイツでつくられたドルニエDo‐C輸送機などが知られている。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コメットの関連キーワードイギリス東インド会社クライブイギリス国教会イギリスオランダ戦争イギリス巻女相続人遥かなる我が子バイスロイ グランドデ・ハビランド[会社]イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コメットの関連情報