琉金(読み)りゅうきん

精選版 日本国語大辞典「琉金」の解説

りゅう‐きん リウ‥【琉金】

〘名〙
① (もと琉球から渡来したところからいう) 真鍮(しんちゅう)のこと。
※和訓栞(1777‐1862)「りうきん 琉金の義。琉さやたといふ如く琉球より来るをもてなるべし。是古への真鍮也といへり」
キンギョ品種。体は赤または赤白のまだらで、腹部が著しくふくれる。ひれはよく発達し、特に尾びれが長く、普通三つまたは四つ尾をなす。和金とともに最も普通に飼育される。江戸時代に琉球から渡来。尾長。琉球金魚。《季・夏》
※人情本・恋の若竹(1833‐39)中「ハイ、琉金(リウキン)で御座いましてね。尾がふっさりと致して、体よりは二つがけ程も、尾の方が長う御座いますわ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「琉金」の解説

琉金

金魚の品種のひとつ。中国産で、江戸時代に沖縄(当時の琉球)を経由して輸入されたことからこの名がついたとされる。丸みを帯びた体形で、頭の後ろが高く盛り上がり、尾は長い

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「琉金」の解説

りゅう‐きん〔リウ‐〕【×琉金】

金魚の一品種。体は短くて丸く、尾びれが大きく、赤色か赤白の。中国の原産。江戸時代に琉球を経て渡来。おなが。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「琉金」の解説

琉金 (リュウキン)

動物。コイ科のキンギョの一品種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android