コモドロリバダビア(英語表記)Comodoro Rivadavia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモドロリバダビア
Comodoro Rivadavia

アルゼンチン南部,チュブト州南東部の都市。バイアブランカの南西約 900km,大西洋サンホルヘ湾にのぞむ港湾都市。 1901年内陸部の入植地サルミエントのための積出港とするために建設されたが,強風が吹き雨の少い後背地はわずかに牧羊に利用できるだけで,港も発展しなかった。 07年近くで石油が発見されてから石油積出港として発展しはじめ,現在パタゴニア地方最大の都市となっている。この地域の油田は同国最大の油田地帯で,国内生産の 20%を生産している。港は大型タンカーの出入りでにぎわい,首都ブエノスアイレスとの間には延長 1600kmに及ぶ天然ガスパイプラインが建設されている。市内には石油精製のほか,食肉,羊毛加工,製陶などの工業が立地する。内陸部へ延びる短い鉄道と太平洋岸のプエルトアイセン (チリ) へ通じる道路の起点で,首都とは道路,空路,水路で結ばれる。人口9万 6817 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android