コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモドロ・リバダビア コモドロリバダビア

百科事典マイペディアの解説

コモドロ・リバダビア

アルゼンチンの南部の都市。パタゴニア地方の主要港湾都市で,大西洋に続くサン・ホルヘ湾の中央に位置する。かつては周辺で牧羊が行なわれていたに過ぎなかったが,1907年に港の付近で油田が発見され,石油天然ガスの町として発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コモドロ・リバダビア
こもどろりばだびあ
Comodoro Rivadavia

アルゼンチン南部、チュブート州南東部にある都市。サン・ホルヘ湾に臨む港湾都市で、同国の石油、天然ガス採掘の中心地である。人口15万7600(2002推計)。1901年、乾燥・寒冷気候下での粗放的牧羊業の積出し港として建設され、07年に付近で同国初の油田が発見されたことにより、一躍石油開発の基地となった。49年首都ブエノス・アイレスと結ぶパイプラインが完成、石油化学など工業開発も発展している。[今井圭子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コモドロ・リバダビアの関連キーワードアルゼンチン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android