コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリスチン colistin

翻訳|colistin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリスチン
colistin

日本製のポリペプチド系抗生物質。土壌中から分離された有芽胞細菌 Bacillus polymyxa var. colistinusの培養液から抽出された。細胞質膜障害による殺菌作用でグラム陰性菌に特異的に有効である。ポリミキシンBよりも抗菌作用は強く,副作用は小であり,大腸菌,緑膿菌による尿路感染症など,種々のグラム陰性菌による感染症に用いられる。副作用としては,腎障害,消化器障害が現れることがある。ポリミキシンBと交差耐性を生じるが,他の抗生物質との間には認められない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コリスチン

日本国産最初の抗生物質。芽胞杆(かん)菌の一種が産生グラム陰性菌の発育阻止作用が強い。塩酸塩または硫酸塩として腎盂(じんう)炎,膀胱(ぼうこう)炎,尿道炎腸チフス,急性虫垂炎,乳幼児消化不良症などに適用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のコリスチンの言及

【抗生物質】より

…生物活性,耐性などもエリスロマイシンに類似しており,治療薬として用いられている。(7)コリスチン アミノ酸のつながった環状ペプチド構造をもち,ポリミキシンBも類似物質。ともにバチルス属の細菌から見いだされ,グラム陰性菌にのみ有効で,とくに他の抗生物質に比べ緑膿菌に強い作用をもつことが特徴である。…

※「コリスチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コリスチンの関連キーワード杆菌赤痢

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コリスチンの関連情報