コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリー Colley, Sir George Pomeroy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリー
Colley, Sir George Pomeroy

[生]1835
[没]1881.2.
イギリスの軍人。 1850年代には南アフリカ,1860年には中国で軍務に服した。 76年からインドで総督を補佐。 79年ズールー戦争の参謀長,翌年ナタールの総督兼最高司令官となったが,81年2月ボーア人との戦いで戦死

コリー
Collie

オーストラリア,ウェスタンオーストラリア州南西部,バンベリーの東 53kmにある町。同州唯一の炭田 (亜瀝青炭) およびそれによる火力発電所がある。人口 7829 (1986) 。

コリー
collie

イヌの1品種で,スコットランド原産。すぐれた知能をもつところから牧羊犬として用いられていたが,現在は家庭犬として多く飼育されている。体高は雄 61~66cm, 56~61cm。体重は雄 27~34kg,雌 23~29kg。長い顔と小さな耳をもち,全身美しい長毛におおわれているが,短毛のものもある。コリーという名称が古英語の「黒い」意の colに由来するように,昔は黒色が多かったようである。今日のコリーの毛色は,トライ (黒に褐色と白) ,セーブル (褐色と白) ,ブルーマール (大理石色) ,ホワイト (白が 75%以上) の4種類がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コリー(collie)

犬の一品種。英国原産の代表的な牧羊犬であるが、家庭犬ともする。体高約60センチ、ほっそりした風貌で、長毛。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コリー【collie】

イヌの一品種。スコットランド原産。体高55~65センチメートル。長毛種と短毛種がある。耳は先が自然に折れている。牧羊犬や警察犬・救助犬として用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリー
こりー
collie

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜であるイヌの1品種で、イギリス原産の作業犬。かつてコリーの子は生まれながらにしてヒツジの周りを回るといわれたほどの代表的牧羊犬である。さらに、上品なほっそりとした風貌(ふうぼう)と美しい長毛のため、ショードッグとしてもたちまち人気を得た。現在日本では牧羊犬としてよりは家庭犬として飼われている。また警察犬としても認められている。本犬種には長毛のラフコリーと短毛のスムースコリーの二つのタイプがあるが、人気の点では圧倒的にラフのほうが高い。毛色はセーブルと白、トライカラー、ブルーマール、白の4種がある。耳は半直立でチューリップの花弁形である。体格は、体高56~66センチメートル、体重22.5~34キログラム。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コリーの関連キーワードポリッシュ・ローランド・シープドッグシェトランド・シープドッグ[種]ウェルケア ボーダーコリー専用ジェームス・ロイ ニューマンシェトランド・シープドッグ好きにならずにいられないシェトランドシープドッグ13日の金曜日・完結編サーデク・ヘダーヤトバフティヤーリー族クレイゼス城と庭園ビアデッド・コリー新・13日の金曜日トレイシー リードベアデッド・コリートランスポーターイヌのおもな毛色ダーリング山脈名犬ラッシーコリー[種]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コリーの関連情報