コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルベンハイヤー Erwin Guido Kolbenheyer

2件 の用語解説(コルベンハイヤーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コルベンハイヤー【Erwin Guido Kolbenheyer】

1878‐1962
ドイツの作家。ブダペスト生れのいわゆる外地ドイツ人。生物学的・形而上学的な立場に立って,個人は種と民族に従属しなければならないことを説く。創作においては,中世的・教会的な羈絆を脱して進もうとする歴史上の人物が好んで取りあげられた。このような傾向からナチスに接近し,1933年以後はナチス文学の代表的作家の一人と自他ともに許すようになる。しかし,代表作と目される戯曲《ジョルダーノ・ブルーノ》(1903),長編小説《神を愛す》(1908),《パラケルスス》三部作(1917‐26),哲学的著作《建築小屋》(1925)がいずれもナチス時代以前に書かれていることは注目されてよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルベンハイヤー
こるべんはいやー
Erwin Guido Kolbenheyer
(1878―1962)

ドイツの作家、思想家。ブダペスト生まれ。ウィーン大学で哲学、自然科学、心理学を学ぶ。処女作の戯曲『ジョルダーノ・ブルーノ』(1903)、スピノザ主人公とする長編小説『神を愛す』(1908)、小説三部作『パラケルスス』(1917~26)など、正統的な思潮に抗する歴史上の異端者の孤独で悲劇的な生涯を題材とする作品が多い。「民族生物学」なるもののうえに個人と集団の関係を意味づけようとする俗流形而上(けいじじょう)学的体系の書『建築小屋』(1925)にはナチズムとの内的親近性が歴然とみられ、異端者崇拝と相まって、ナチス時代の代表的な作家とされた。[池田浩士]
『手塚富雄訳『神を愛す』(1953・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルベンハイヤーの関連キーワード西ドイツブダペスト統一ドイツオーブダバーツィ通りブダブダ城ブダペシュトドイツの小さな町モショニー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone