コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロイドミル コロイドミル colloid mill

5件 の用語解説(コロイドミルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロイドミル
コロイドミル
colloid mill

超微粒にする粉砕機の総称。普通の粉砕手段では不可能な細分化を行なう装置で,固体粒子を液体とともに,きわめて接近して回転する二つの面の間に流し込み,液体に剪断力を与えて,固体を微粉化して液体中に分散させるようになっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コロイド‐ミル(colloid mill)

固体粒子をコロイド程度の大きさにする装置。回転速度が異なる金属円盤ですり潰す方式などが知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コロイドミル

超微粉砕機の総称。大きな相対速度をもつ2面(ディスクおよびステーター)間の小間隙(かんげき)に原料を送入し,間隙間流体に起こるせん断力と衝撃を利用して,固体を微粉化し,液中に分散させる。
→関連項目ホモジナイザー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

コロイドミル

 粉砕機の一種で,遠心力,せん断力を利用して粉砕したり乳化したりする.乾式と湿式がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コロイドミル【colloid mill】

液体中に懸濁した固体粒子ないし異相液滴を強い剪断力を加えて微粒化し,同時に均一に分散させる装置。ふつうは高速回転するディスクとステーターの間の細い間隙を高圧で懸濁液を通過させる高速回転ミルであるが,スラリーポンプ状のもの,液体かくはん槽型式のもの,さらに最近ではボールビーズを入れた容器にかくはん機構を入れた媒体かくはん型微粉砕機もコロイドミルとして用いられている。主として食品工業医薬品工業などで利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コロイドミルの関連キーワード遠心分離沈降沈降分離パルプ懸濁液スライム分散系フロキュレーション液滴分散質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone