コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロイドミル colloid mill

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロイドミル
colloid mill

超微粒にする粉砕機の総称。普通の粉砕手段では不可能な細分化を行なう装置で,固体粒子を液体とともに,きわめて接近して回転する二つの面の間に流し込み,液体に剪断力を与えて,固体を微粉化して液体中に分散させるようになっている。回転面を歯状にしたものもあり,1μm以下のコロイドに近いものが得られる。普通はこのような湿式のものが多いが,ほかに乾式など各種の形式がある。製紙,ゴム,化粧品,食品などの充填材,顔料,塗料,エナメル工業に利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コロイド‐ミル(colloid mill)

固体粒子をコロイド程度の大きさにする装置。回転速度が異なる金属円盤ですり潰す方式などが知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コロイドミル

超微粉砕機の総称。大きな相対速度をもつ2面(ディスクおよびステーター)間の小間隙(かんげき)に原料を送入し,間隙間流体に起こるせん断力と衝撃を利用して,固体を微粉化し,液中に分散させる。
→関連項目ホモジナイザー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

コロイドミル

 粉砕機の一種で,遠心力,せん断力を利用して粉砕したり乳化したりする.乾式と湿式がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コロイドミル【colloid mill】

液体中に懸濁した固体粒子ないし異相液滴を強い剪断力を加えて微粒化し,同時に均一に分散させる装置。ふつうは高速回転するディスクとステーターの間の細い間隙を高圧で懸濁液を通過させる高速回転ミルであるが,スラリーポンプ状のもの,液体かくはん槽型式のもの,さらに最近ではボールやビーズを入れた容器にかくはん機構を入れた媒体かくはん型微粉砕機もコロイドミルとして用いられている。主として食品工業や医薬品工業などで利用されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android