コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロナトゥス

百科事典マイペディアの解説

コロナトゥス

ローマ帝政末期に,小作農(コロヌスcolonus)の土地緊縛を定めた制度。コロヌスとは元来耕作者をさし,帝政初期までは自由小作人をも意味していたが,大土地所有制の発達,奴隷制農業経営の行詰りのため,没落した自由農民が土地に縛りつけられるようになり,一方では奴隷が土地に縛りつけられた小作人に上昇した。
→関連項目ラティフンディウム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロナトゥス
ころなとぅす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコロナトゥスの言及

【コロヌス】より

…属州(たとえばアフリカ)のコロヌスの従属度と土地との結合の度は,イタリアのコロヌスよりも強かった。この傾向は次第に強まり,4世紀初めにコロヌスは国家の財政上の必要から,法によって土地に縛りつけられた(コロナトゥスcolonatus)。ただし,一部のコロヌスは移動の自由を保持していた。…

【ローマ】より

… ディオクレティアヌス帝に始まる後期ローマ帝国の体制は,農業構造にも大きな変化をもたらしたが,これは,これまでの発展の帰結でもあった。新しい税制ユガティオカピタティオの導入を契機として,所領に登録されたコロヌスを法的に土地に縛りつけるコロナトゥスcolonatusが成立する。都市の衰退と反比例して大所領は経済的自立性を高める。…

※「コロナトゥス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コロナトゥスの関連キーワード古代社会(歴史)農奴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android