コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンビニエンス・ストア convenience store

ブランド用語集の解説

コンビニエンス・ストア

コンビニエンス・ストアとは消費者の近所や駅前など利便性の高い場所に立地し回転率の高い最寄品を中心に扱う小規模小売店のことをう。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コンビニエンス・ストア

便利さconvenienceを最大限に追求する小型スーパーマーケット。住宅地・駅前・主要道路沿いなどに立地し,食料品・日用品など緊急度の高い商品をそろえ,長時間営業(年中無休,24時間営業も多い)で顧客の便利さの要求に応える。
→関連項目チェーン・ストアローソン[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンビニエンス・ストア
こんびにえんすすとあ
convenience store

便利さ(コンビニエンス)を最大限に追求する小型のスーパーマーケット。日本では、「コンビニ」の略称が広く用いられる。食料品および日用品を中心に品ぞろえをし、交通に便利な場所に立地するものが多い。小規模なために欲しいものを探すのが容易で、年中無休、長時間営業(24時間営業が普通)、レジスター待ち行列がない、などの便利さが特色である。
 コンビニは、1960年ころのアメリカで、スーパーマーケットの補完形態として出現した。日本では、1974年(昭和49)に、アメリカの商号を用いた最初の店がつくられたが、POS(ポス)システム(販売時点情報管理システム)を駆使するなど独自のビジネスモデルの開発もあって急速に普及した。その経営形態には、直営チェーン店方式とフランチャイズ・システムによるものとがあるが、いずれも商品企画が優れているため、多数回配送と組み合わされて同規模の独立店よりも品ぞろえの密度が高い。スーパーマーケットの大型化による諸欠陥と法的規制(「大規模小売店舗立地法」など)を克服し、消費者にきめ細かく対応しようとする商法が消費者のニーズに適合し、生活のなかに浸透した。しかし、21世紀に入って出店が飽和状態に達するとともに、業績は伸び悩むようになり、系列再編の動きが加速している。[森本三男]
『笠井清志著『ビジュアル図解 コンビニのしくみ』(2007・同文舘出版) ▽鷲巣力著『公共空間としてのコンビニ――進化するシステム24時間365日』(2008・朝日選書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコンビニエンス・ストアの言及

【イトーヨーカ堂[株]】より

…近年はスポーツ・文化施設,旅行などのサービス事業や消費者金融にも力を入れている。関連企業も多く多部門にわたるが,なかでも日本のコンビニエンス・ストアの草分けといえるセブン‐イレブン・ジャパン(株)(1973設立)やファミリーレストランの(株)デニーズジャパン(1973設立)などは業界でも有数の地位を占めている。資本金462億円(1997年5月),売上高1兆5464億円(1997年2月期)。…

【スーパーマーケット】より

… このスーパーマーケットの定義は必ずしも明確ではない。セルフサービスを原則とする高度に部門別に組織化された最寄品の大規模な廉売店であり,またチェーン・ストア形式をとるものが大部分であるが,その店舗規模の大小によって大きなものはスーパーマーケット,小さなものはスーパレットsuperetteと呼ばれることもあり,フランチャイズ方式で行われているコンビニエンス・ストアのような小型店もスーパーマーケットの一種である。また,その売上げの50%以上を衣料品・雑貨などが占める場合にはスーパーストア,さらにその巨大なものは総合小売店(ゼネラル・マーチャンダイズ・ストア,GMS)と呼ばれている。…

※「コンビニエンス・ストア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンビニエンス・ストアの関連情報