コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンポンチャム コンポンチャム Kâmpóng Cham

3件 の用語解説(コンポンチャムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンポンチャム
コンポンチャム
Kâmpóng Cham

別綴 Kompong Cham。カンボジア中南部の都市。首都プノンペンの北東約 80km,メコン川右岸にある。フランス植民地時代に,火山性の赤色土壌から成る周辺の丘陵地帯がゴムのプランテーション地帯として開発され,市はその集散地として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コンポン‐チャム(Kompong Cham)

カンボジア南東部、コンポンチャム州の都市。同州の州都。首都プノンペンの北東約70キロメートル、メコン川沿いに位置する。古くから河川交易の拠点として栄え、ワットノコールなどの石造寺院の遺跡がある。米、トウモロコシ、綿花などの集散地。フランス統治時代より、ゴムのプランテーションが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コンポンチャム【Kompong Cham】

カンボジア中部の都市。人口3万3000(1987)。地名は〈チャム族の河岸〉の意。メコン川右岸に古くから開けた町で,河港をもつ。近くにアンコール時代の遺跡がある。フランスの植民地時代の都市計画による美しい町並みが特徴的である。この地方の農産物の集散地で,特にゴムと米を多く扱う。カンボジアの最も重要な輸出品であるゴムの大プランテーションが近郊にある。【石沢 良昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コンポンチャムの関連キーワードカンボジアカンボジア語ジッダ民主カンボジア国連カンボジア暫定統治機構国際連合カンボジア暫定統治機構SNC日本のカンボジア支援自衛隊のカンボジアPKOカンボジア王国

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンポンチャムの関連情報