コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンポンチャム Kâmpóng Cham

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンポンチャム
Kâmpóng Cham

別綴 Kompong Cham。カンボジア中南部の都市。首都プノンペンの北東約 80km,メコン川右岸にある。フランス植民地時代に,火山性の赤色土壌から成る周辺の丘陵地帯がゴムのプランテーション地帯として開発され,市はその集散地として発展。ほかに周辺に産するトウモロコシ,米,綿花,バナナ,タバコ,ジュート,サトウキビなどを集散し,市内にはクレープゴム,綿織物,蒸留酒などの工場が立地する。市街はシアヌーク前元首時代に同国最大規模といわれた都市計画により建設された。プノンペンとメコン川水運,道路で結ばれる。人口3万 3000 (1987推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コンポン‐チャム(Kompong Cham)

カンボジア南東部、コンポンチャム州の都市。同州の州都。首都プノンペンの北東約70キロメートル、メコン川沿いに位置する。古くから河川交易の拠点として栄え、ワットノコールなどの石造寺院の遺跡がある。米、トウモロコシ、綿花などの集散地。フランス統治時代より、ゴムのプランテーションが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

コンポンチャム【Kompong Cham】

カンボジア中部の都市。人口3万3000(1987)。地名は〈チャム族の河岸〉の意。メコン川右岸に古くから開けた町で,河港をもつ。近くにアンコール時代の遺跡がある。フランスの植民地時代の都市計画による美しい町並みが特徴的である。この地方の農産物の集散地で,特にゴムと米を多く扱う。カンボジアの最も重要な輸出品であるゴムの大プランテーションが近郊にある。【石沢 良昭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンポンチャムの関連キーワードヘン・サムリンポル・ポトフン・センフ・ニムチャム語

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android