コーディング

  • coding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

統計的方法による調査で,調査票の各項目に対する被調査者の回答を整理して,それを数字記号のような符号 (コード) に翻訳すること。
符号化。情報を記号化すること。コンピュータにデータを入力する場合 (コンピュータの内部処理は必ず0と1によって処理されるので) ,地名人名,製品名,部品名などに特定のルールによって定められたコードをつけること。または,コンピュータに処理させる仕事の手順プログラム言語で記述する作業。電気通信では,入力の情報を電子回路によって二進符号に変換することをいう。コーディングには情報を効率よく符号化する情報源符号化と,通信路を考慮して信頼性を向上させ,誤りを訂正する能力をもたせた通信路符号化とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (coding)
① コンピュータで、プログラミング言語によってプログラムを作ること。
② データ処理を自動化するために一定の規則に従っていろいろな品目にコードを付すこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コーディングの関連情報