コーディング

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コーディング

プログラムを書くこと、もしくは、文字や画像、音声などのデータを特定のコードに置き換える(符号化する)こと。前者は、仕様書流れ図フローチャート)に沿って、ソースコードを記述していくことを指す。後者は、エンコードと呼ぶのが一般的。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

コーディング【coding】

コンピューターなどで、一定のプログラム言語を用いて、プログラムを作成すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーディング
coding

統計的方法による調査で,調査票の各項目に対する被調査者の回答を整理して,それを数字や記号のような符号 (コード) に翻訳すること。

コーディング
coding

符号化。情報を記号化すること。コンピュータにデータを入力する場合 (コンピュータの内部処理は必ず0と1によって処理されるので) ,地名,人名,製品名,部品名などに特定のルールによって定められたコードをつけること。または,コンピュータに処理させる仕事の手順をプログラム言語で記述する作業。電気通信では,入力の情報を電子回路によって二進符号に変換することをいう。コーディングには情報を効率よく符号化する情報源符号化と,通信路を考慮して信頼性を向上させ,誤りを訂正する能力をもたせた通信路符号化とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android