仕様書(読み)しようがき

精選版 日本国語大辞典「仕様書」の解説

しよう‐がき しヤウ‥【仕様書】

〘名〙
① 仕方・方法などを説明した文章。マニュアル。しようしょ
② 機械や建築など、複雑な設計を要する注文品の内容や図面を書いた書類。しようしょ。
※風流微塵蔵(1893‐95)〈幸田露伴〉蹄鉄「仕様(シヤウガキ)でも渡してある其に背いて製作(こしら)へたとでもいふなら」

しよう‐しょ しヤウ‥【仕様書】

〘名〙
① 仕方・方法などを説明した文章。しようがき。
② 建築・土木あるいは各種の製品の部品・材質・構造・作り方を記載した書類。しようがき。
風俗画報‐二三六号(1901)本八丁堀「依て別紙理由書及堂宇建築絵図并仕様書永続資金方法書相添。此段奉願候也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仕様書」の解説

しよう‐がき〔しヤウ‐〕【仕様書(き)】

物事しかた順序を記した文章。しようしょ。
工事・工作などの内容・手順を図などを入れて説明した書面。しようしょ。

しよう‐しょ〔しヤウ‐〕【仕様書】

仕様書き」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android