コーデュロイ(読み)こーでゅろい(英語表記)corduroy

翻訳|corduroy

日本大百科全書(ニッポニカ)「コーデュロイ」の解説

コーデュロイ
こーでゅろい
corduroy

ドイツ語ではgerippter Manchester、フランス語ではcorde du roiで「王様の(うね)」という意味。コール天ともいい、緯毛(よこげ)綿ビロードの一種で、経(たて)方向に畝のある織物。平織あるいは綾織(あやおり)の地の中に毛緯糸を織り込んだのち、経方向にナイフで切り毛足をそろえる。一般に無地染めされるが、最近では多彩な柄物もみられる。日本では、明治後期から静岡県の福田(ふくで)地方で生産が始まりしだいに盛んになっている。生地(きじ)が厚手で、耐久力があるため、実用衣料として子供服、作業服、ズボンなどに使われる。

[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「コーデュロイ」の解説

コーデュロイ

〘名〙 (corduroy) 別珍(べっちん)の一種。平織または綾織(あやおり)の地に、別の緯(よこいと)でタオルのような輪を浮かせ、輪の中央を切断して添毛とし、ブラッシ掛けを行なって畝(うね)を整え仕上げたもの。経(たていと)方向に畝が走る。添毛のために摩擦に強く耐久性がある。ジャンパー、ズボン、作業服、足袋表、はなお、椅子張地などに用いられる。コール天。綿ビロード。
※女方(1957)〈三島由紀夫〉四「煉瓦いろのコーデュロイの上衣を着てゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「コーデュロイ」の解説

コーデュロイ

コール天とも。綿ビロードの一種でうねビロードともいう。地組織は平織または綾織でパイルによって表面方向に毛羽のうねを出す。摩擦に耐え堅牢(けんろう)なので男女とも日常着,作業服,ズボンなどにする。
→関連項目畝織ビロード輪奈織

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「コーデュロイ」の解説

コーデュロイ(corduroy)

表面にけば立った縦畝たてうねのある丈夫な綿織物上着やズボンなどに用いる。コール天。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「コーデュロイ」の解説

コーデュロイ【corduroy】

綿ビロード織のものを縦にけば畝を通すためにカットした織物。縦畝をあらわすには経緯糸の地組織のほかに,もう一組の緯糸をある点で経糸におさえられるよう畳表のように織りつけ,織り上げたあと浮いた部分を毛立ちさせる。畝幅は10mmぐらいから1,2mmぐらいまで。畝の太いものを鬼コール,狭いものを細コールという。地厚で重いが丈夫で暖かいので,幅広く活用できる。無地が多いが柄物もあり,畝で織物の表面にができ色にも深みがでる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android