コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーラス コーラスchorus

翻訳|chorus

6件 の用語解説(コーラスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コーラス(chorus)

合唱。または、合唱曲。合唱団。「男声コーラス
コーラス波

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

コーラス【chorus】

(1)合唱,合唱曲,合唱団のこと。(2)イギリスエリザベス朝時代の演劇で,前口上や結びの口上を語る語り手のこと。(3)有節歌曲繰返し(リフレイン)部。独唱者が歌う部分に対して,リフレインは合唱で歌われることが多いことからきている。(4)ジャズポピュラー音楽のリフレイン。32小節または24ないし12小節よりなる。(5)ミュージカルレビューなどで歌いかつ踊るコーラスグループダンサーのこと。【皆川 達夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

コーラス【chorus】

多人数が声を合わせて歌曲を歌うこと。合唱。また、その歌曲。合唱曲。女声・男声・混声の区別がある。
の合唱団体。合唱団。
ジャズなどの楽曲で主題を提示している部分。序奏部分とは区別され、繰り返し演奏される。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーラス

合唱」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のコーラスの言及

【合唱】より

…世界各地の民謡などには多声部のものも多く,ロシア民謡や黒人霊歌などはよく知られている。 古代ギリシア劇のコロスはユニゾンによる歌と舞踏が一体となったもので,合唱を意味するラテン語,英語のコーラス,ドイツ語のコールChor,フランス語のクールchœur,イタリア語のコロcoroの語源は,このコロスに由来する。中世には文化的中心でもあったキリスト教の典礼音楽が発達し,初期ポリフォニー音楽が生まれた。…

※「コーラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コーラスの関連情報