コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールユーブンゲン Chorübungen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コールユーブンゲン
Chorübungen

合唱練習曲の意味。 F.ビュルナー (1832~1902) がミュンヘン音楽学校の合唱クラスの教材として編んだ3巻から成る"Chorübungen der Münchener Musikschule" (1876以後) をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コールユーブンゲン(〈ドイツ〉Chorübungen)

《合唱練習曲の意》声楽の教則本。3巻。ドイツの音楽家フランツ=ビュルナー著。1876年刊。音程・リズム・読譜・発音など、初歩的な訓練に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コールユーブンゲン

合唱の練習の意。一般にはドイツのビュルナー〔1832-1902〕がミュンヘンの音楽学校のために書いた3巻の合唱練習教本(1875年)の題として知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コールユーブンゲン【Chorübungen】

合唱練習書の意。ピアニスト・指揮者・作曲家のビュルナーF.Wüllner(1832‐1902)がミュンヘン音楽学校の合唱授業のために著した教則本(1875)をさす。(1)音楽の基礎の学習,歌唱練習,(2)和声法の概要,発音・重唱練習,(3)合唱曲集の全3巻より成る。日本では第1巻のみが声楽の入門書として普及している。【永冨 正之】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コールユーブンゲン【Chorübungen】

〔「合唱練習書」の意〕
合唱教則本。ドイツの音楽家フランツ=ビュルナー(Franz Wüllner1832~1902)著。三巻。1876年刊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コールユーブンゲン
こーるゆーぶんげん
Chorbungen der Mnchener Musikschuleドイツ語

ドイツのピアノ奏者・作曲家のビルナーFranz Wllner(1832―1902)が、1876年にミュンヘンで出版した全3巻からなる合唱教本。「合唱の練習」という意味。序文によれば、この教本は合唱によって、生徒たちに音楽的に考える能力、いいかえれば、旋律的進行、リズム、音程、和音などの力を通じて、美しい合唱の音、明瞭(めいりょう)な正しい詞の発音、芸術的ニュアンスなどを身につけさせるのが目標であった。練習曲には適時解説が施され、難易別に著者自身の作になる小練習曲から、ルネサンスやバロック時代の大合唱曲まで収められている。[石多正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コールユーブンゲンの関連キーワードはんだ三浦大輔国際労働機関訴訟費用ヴィクトリア アザレンカフレディ サンチェスブランドン フィリップスクリス ポール世界知的所有権機関WIPO

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android