コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールユーブンゲン コールユーブンゲン Chorübungen

6件 の用語解説(コールユーブンゲンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コールユーブンゲン
コールユーブンゲン
Chorübungen

合唱練習曲の意味。 F.ビュルナー (1832~1902) がミュンヘン音楽学校の合唱クラスの教材として編んだ3巻から成る"Chorübungen der Münchener Musikschule" (1876以後) をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コールユーブンゲン(〈ドイツ〉Chorübungen)

《合唱練習曲の意》声楽の教則本。3巻。ドイツ音楽家フランツ=ビュルナー著。1876年刊。音程・リズム・読譜・発音など、初歩的な訓練に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コールユーブンゲン

合唱の練習の意。一般にはドイツのビュルナー〔1832-1902〕がミュンヘンの音楽学校のために書いた3巻の合唱練習教本(1875年)の題として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コールユーブンゲン【Chorübungen】

合唱練習書の意。ピアニスト・指揮者・作曲家のビュルナーF.Wüllner(1832‐1902)がミュンヘン音楽学校の合唱授業のために著した教則本(1875)をさす。(1)音楽の基礎の学習,歌唱練習,(2)和声法の概要,発音・重唱練習,(3)合唱曲集の全3巻より成る。日本では第1巻のみが声楽の入門書として普及している。【永冨 正之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コールユーブンゲン【Chorübungen】

〔「合唱練習書」の意〕
合唱教則本。ドイツの音楽家フランツ=ビュルナー(Franz Wüllner1832~1902)著。三巻。1876年刊。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コールユーブンゲン
こーるゆーぶんげん
Chorbungen der Mnchener Musikschuleドイツ語

ドイツのピアノ奏者・作曲家のビルナーFranz Wllner(1832―1902)が、1876年にミュンヘンで出版した全3巻からなる合唱教本。「合唱の練習」という意味。序文によれば、この教本は合唱によって、生徒たちに音楽的に考える能力、いいかえれば、旋律的進行、リズム、音程、和音などの力を通じて、美しい合唱の音、明瞭(めいりょう)な正しい詞の発音、芸術的ニュアンスなどを身につけさせるのが目標であった。練習曲には適時解説が施され、難易別に著者自身の作になる小練習曲から、ルネサンスやバロック時代の大合唱曲まで収められている。[石多正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コールユーブンゲンの関連キーワード指揮者ドホナーニヒラー盲目のピアニストヴィークルンドウィリアムスズガンバティマルトゥッチルビンシテイン, アントン合唱練習書

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone