ゴウシュウマダイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴウシュウマダイ
ごうしゅうまだい / 豪州真鯛
silver seabreamred snapper
[学]Pagrus auratus

硬骨魚綱スズキ目タイ科マダイ亜科に属する海水魚。オーストラリアとニュージーランドの南半分の海域にのみ分布する。体は楕円(だえん)形で強く側扁(そくへん)する。頭の上部の外郭は出っ張り、大きな個体では目の上方で隆起する。両顎(りょうがく)の前部には上顎に4本、下顎に4~6本の肥大した犬歯がある。側部には2列のやや大きい臼歯(きゅうし)がある。眼隔域に鱗(うろこ)がある。背びれは強い12棘(きょく)と10~12軟条、臀(しり)びれは強い3棘と7~9軟条。最大全長は約1.3メートルであるが、普通は20~40センチメートル。体は背側面が赤褐色で、腹側面は銀白色。体の背側面に多数の小さい鮮青色点が散在する。各ひれは赤色または赤みを帯びる。水深10~150メートルの外洋の底層に生息する。晩春~夏に、成熟魚が深みから産卵のために接岸する。稚魚・幼魚は内湾や沿岸の浅所にいる。底生の棘皮動物、多毛類、軟体動物、甲殻類、魚類などを食べる。おもにトロール網で漁獲される。マダイのように刺身、吸い物、塩焼き、煮つけなどにする。マダイにきわめて類似するので、両種を同種Pagrus auratusとする研究者もいる。また、DNAの分析の結果、同種であるが亜種の差異が認められるとし、マダイをPagrus auratus major、ゴウシュウマダイをPagrus auratus auratusとして区別する研究者もいる。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android