コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴキヅル(合器蔓) ゴキヅルActinostemma lobatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴキヅル(合器蔓)
ゴキヅル
Actinostemma lobatum

ウリ科の繊細な一年草東アジア温帯に広く分布し,北海道を除く日本各地の山野湿地に自生する。茎は緑色のつる性で長さ約 2mとなり,巻ひげで他物にからむ。葉は有柄で互生し,三角状披針形で長さ5~10cmあり,先端は伸びてとがる。基部は心臓形で2~3の突出がある。秋に,総状に多数の黄緑色小花をつける。雌雄同株。花後,楕円形の小果を結ぶが,熟すると椀のふたを取るように先端の半分が離れて落ちる。中に黒色種子が2個入っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゴキヅル(合器蔓)の関連キーワードウリ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android