コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴスプラン ゴスプランGosplan

4件 の用語解説(ゴスプランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴスプラン
ゴスプラン
Gosplan

正式にはソ連邦閣僚会議国家計画委員会と呼ばれ,旧ソ連閣僚会議に直属した経済計画中央機関。 1921年2月ゴエルロ (正式名称は全ロシア電化国家計画委員会) を改組して設立。数次の機能・機構改革を経て,党および政府の指令に基づく国民経済発展計画の作成,計画遂行過程の監督を主要な任務とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴスプラン(〈ロシア〉Gosplan)

旧ソ連の国家計画委員会。1921年に創設され、経済諸計画の作成を任務とした機関。91年ソ連の崩壊とともに消滅。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ゴスプラン

ソ連邦国家計画委員会の略称。ソ連の経済計画を立てる中央機関として,ゴエルロ(全ロシア電化委員会)の後身として1921年創設。党・政府の指令の下に五ヵ年計画などを作成し,年次計画との調整に当たった。
→関連項目ソビエト連邦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴスプラン
ごすぷらん
Госплан Gosplan ロシア語

ソ連邦閣僚会議国家計画委員会Государственный плановый комитет Совета Министров СССР/Gosudarstvenny planovy komitet Soveta Ministrov SSSRの略称。旧ソ連邦において国家計画を作成し、その遂行をコントロールする連邦=共和国機関。1921年2月に創立されたが、実際はその1年前から存在したゴエルロГоэлро(全ロシア電化委員会)の発展したものである。下部機関として、共和国ゴスプラン、州(地方)計画委員会、地域(市)計画委員会が置かれた。
 ゴスプランは、党および政府の経済政策を実現するために、単年度、五か年、長期(15~20年)の国民経済計画を作成するほか、コメコン諸国間の経済計画の調整にも参加した。国民経済計画は、各省庁、共和国ゴスプラン、学術機関の協力を得て、産業部門計画と地域計画、中央計画と企業・機関の経済的自立性、計画諸指標間の調和を保証するように設定された。計画作成にあたっては、バランス法、ノルマ法、各種予測、数学的方法とコンピュータなどが動員され、計画のプロポーション、各種バランス、効率性、整合性などが追求された。[望月喜市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のゴスプランの言及

【計画経済】より

…しかし17‐20年の内戦期,それに続く21‐25年の国内経済の復興期には,誕生したばかりのソ連は国家存亡の危機に直面していたのであり,めざす経済システムの本格的建設に着手する余裕はなかった。とはいえ1921年2月にはゴスプランGosplan(ソビエト連邦閣僚会議国家計画委員会)が設立され,計画経済システムはともかくも動きはじめた。25年8月に初めて〈望ましい経済発展の指標(管理指標)〉が提示され,国家計画機関の本来の機能が実現された。…

【五ヵ年計画】より

…急進的工業化は市場の自然発生性に依拠して実現することはできないため,それまでのネップ期にみられた市場のメカニズムの利用は後退し,いわゆる〈指令経済〉体制が構築された。その中核をなしたのは,産業部門別の工業管理官庁および国家計画委員会(ゴスプラン)である。 第2次大戦前には第3次までの五ヵ年計画が実施され(ただし,第3次は開戦のため途中で中断),戦後は46年に第4次五ヵ年計画が始まった。…

※「ゴスプラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴスプランの関連情報