コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴテンアナゴ Ariosoma anago

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴテンアナゴ
Ariosoma anago

ウナギ目アナゴ科の海水魚。食用。全長 60cm内外。体は細長く,ほぼ円柱状。体色淡褐色で,腹面淡色である。眼の後方に濃褐色の斑紋をもつ。マアナゴより銀色がかっており,側線孔は白色点内にはない。日本各地からインド洋に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴテンアナゴ
ごてんあなご / 御殿穴子

硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科に属する海水魚。東京地方では本種をギンアナゴとよぶことがあるが、和名ギンアナゴが別にあるので注意を要する。全長約60センチメートルに達し、体色は淡褐色で、背びれの縁は暗色。日本各地の沿岸に広く分布し、砂泥底に尾部から潜入する習性があり、昼間は頭部だけ水中に出している。[浅野博利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のゴテンアナゴの言及

【アナゴ(穴子)】より

…本種はアナゴ類のうちもっとも美味とされ,てんぷら,すし種,わん種などとして賞味される。 ゴテンアナゴAnago anagoは日本各地の沿岸に分布するが,とくに南日本に多い。体は淡褐色で銀色の光沢を帯びる。…

※「ゴテンアナゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴテンアナゴの関連キーワードアナゴ(海水魚)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android