コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴホウラ(護法螺) ゴホウラlaciniated conch

世界大百科事典 第2版の解説

ゴホウラ【ゴホウラ(護法螺) laciniated conch】

熱帯海域にすむスイショウガイ科の大型巻貝(イラスト)。幼貝のときは殻は薄く紡錘形であるが,成貝になると重厚堅固で,高さ18cm,太さ12cmになる。巻きは9階。とくに殻口の外側が大きく開き,その縁が厚くなるばかりでなく,上方へも高くまるく広がって,殻頂よりも高くなり,前面からは巻きの高まりが見えなくなる。殻表は平滑で褐色と黄白色の細い縦縞模様がある。奄美大島以南の熱帯太平洋に広く分布し,水深0~20mの浅海にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のゴホウラ(護法螺)の言及

【貝輪】より

…埋葬人骨の例では,男性が貝輪をはめている例も少数あるが,一般的には成人女性の場合が圧倒的に多い。弥生時代になると,九州地方を中心に,イモガイ,オオツタノハ,ゴホウラ,まれにはスイジガイのような大型の巻貝を利用して,それを縦割りにして作るようになった。これらの貝は近海でとれるものではなく,交易によって手に入れた南海産のものであることが注目される。…

※「ゴホウラ(護法螺)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone