コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーイングコンサーン going concern

デジタル大辞泉の解説

ゴーイング‐コンサーン(going concern)

継続企業の意》企業が永遠に継続していくという仮定。会計などこの仮定が成立していることを前提に論理が構築されている制度が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

株式公開用語辞典の解説

ゴーイングコンサーン

ゴーイング・コンサーン(日本語訳:継続企業の前提)は、監査人が監査先の企業が存続するかどうかについて意見を表明するリスク開示制度です。監査人の求めで、経営者は自社が1年以内に破たんするリスクが極めて高いと判断したら、破たんリスクとそれへの対応策を決算書に明記しなければなりません。 上場企業においては2003年3月期から開示が義務づけられました。投資家にとっては、監査人が認めた「危ない会社」、いわば「イエローカード」をつきつけられた会社という意味合いがあります。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ゴーイングコンサーン【going concern】

企業会計上の前提条件の一。企業活動は無期限に続くと仮定されること。近代企業以前にみられる一回限りの投機的事業などに対していう。継続企業の前提。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ゴーイングコンサーンの関連キーワード継続企業の前提に関する注記ゴーイング・コンサーン企業活動無期限事業