コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーシェ病 ゴーシェびょうGaucher's disease

4件 の用語解説(ゴーシェ病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴーシェ病
ゴーシェびょう
Gaucher's disease

1882年フランスの医師 P.ゴーシェ (1854~1918) が発表した脂質代謝異常症で,きわめてまれな遺伝性の病気。β-グルコシダーゼという酵素が先天的に欠損し,このため肝,脾,骨髄,リンパ節などの細胞にセレブロシドという複合脂質が多量に蓄積する病気で,皮膚の色素沈着,強膜脂肪斑,肝臓や脾臓の腫れなどを主症状とする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴーシェ‐びょう〔‐ビヤウ〕【ゴーシェ病】

Gaucher's disease小児慢性特定疾患の一。酵素の先天性欠損によりマクロファージ大食細胞)にグルコセレブロシドが蓄積する難病。肝脾腫・リンパ腫症・骨変化を生ずる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

ゴーシェ病

 グルコセレブロシドが肝臓,脾臓,リンパ節などに集積する遺伝的疾患.これらの臓器の腫大や貧血,精神症状を起こす.グルコセレブロシダーゼの欠損が原因.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴーシェびょう【ゴーシェ病 Gaucher’s disease】

脂質が全身諸臓器に蓄積する先天性代謝異常疾患を脂質蓄積症と総称するが,本症はその一種。常染色体劣性遺伝により,細胞内リソソームに存在するβ‐グルコシダーゼ(グルコセレブロシダーゼともいう)という糖脂質の分解排出に必要な酵素が欠損する結果,脾臓,肝臓,骨髄を主とする全身の網内系細胞にグルコセレブロシドという脂質が異常に沈着蓄積して巨大脾腫,肝腫,病的骨折,骨疼痛,貧血や白血球減少,血小板減少などを呈する疾患である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴーシェ病の関連キーワード早稲田大学梅屋勘兵衛(3代)金弘集スミス花房義質フォンタネージプルーインプレグランホイットニー車会党

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴーシェ病の関連情報