コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーシェ病 ゴーシェびょう Gaucher's disease

4件 の用語解説(ゴーシェ病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴーシェ病
ゴーシェびょう
Gaucher's disease

1882年フランスの医師 P.ゴーシェ (1854~1918) が発表した脂質代謝異常症で,きわめてまれな遺伝性の病気。β-グルコシダーゼという酵素が先天的に欠損し,このため肝,脾,骨髄,リンパ節などの細胞にセレブロシドという複合脂質が多量に蓄積する病気で,皮膚の色素沈着,強膜脂肪斑,肝臓や脾臓の腫れなどを主症状とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゴーシェ‐びょう〔‐ビヤウ〕【ゴーシェ病】

Gaucher's disease小児慢性特定疾患の一。酵素の先天性欠損によりマクロファージ大食細胞)にグルコセレブロシドが蓄積する難病。肝脾腫・リンパ腫症・骨変化を生ずる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ゴーシェ病

 グルコセレブロシドが肝臓,脾臓,リンパ節などに集積する遺伝的疾患.これらの臓器の腫大や貧血,精神症状を起こす.グルコセレブロシダーゼの欠損が原因.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゴーシェびょう【ゴーシェ病 Gaucher’s disease】

脂質が全身諸臓器に蓄積する先天性代謝異常疾患を脂質蓄積症と総称するが,本症はその一種。常染色体劣性遺伝により,細胞内リソソームに存在するβ‐グルコシダーゼ(グルコセレブロシダーゼともいう)という糖脂質の分解排出に必要な酵素が欠損する結果,脾臓,肝臓,骨髄を主とする全身の網内系細胞にグルコセレブロシドという脂質が異常に沈着蓄積して巨大脾腫,肝腫,病的骨折,骨疼痛,貧血や白血球減少,血小板減少などを呈する疾患である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴーシェ病の関連キーワード代謝異常糖原病リピドーシス先天性代謝異常脂質代謝異常症メープルシロップ尿症脂質沈着症先天性異常先天性代謝異常症蓄積的障害

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴーシェ病の関連情報