ゴールドプラン

百科事典マイペディアの解説

ゴールドプラン

1989年に厚生,大蔵,自治三大臣の合意で策定された〈高齢者保健福祉推進10ヵ年戦略〉の略称。1995年に老人保健福祉計画による全国の老人保健福祉の整備目標を参考に,新しく計画を策定し,新ゴールドプランとしている。この計画によると目標年次を1999年度末として,総事業費を9兆円余を投じて,本格化する高齢社会(高齢化社会)に対応する保健福祉(1.ホームヘルパーの増員,2.ショートステイ,3.デイサービス,4.特別養護老人ホーム,5.ケアハウスなど)の施設,サービスの整備を図ることとしている。
→関連項目在宅ケア生活支援サービス業訪問看護ステーション

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android