コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウル Saul

翻訳|Saul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サウル
Saul

[生]?
[没]前1010頃
イスラエルの小部族ベニヤミン族の富農キシの子。イスラエル最初の王 (在位前 1020~10頃) 。ペリシテ人の迫害に悩むイスラエルの長老たちによって王を立てることを強く要求された預言者サムエルは,主の言葉に従って丈高く美しい青年サウルに油を注ぎ王となるべきことを伝えた (サムエル記上 10・1) 。サウルは王となり,アンモン人,アマレク人などを征服したが,ペリシテ人との戦いには苦戦を続け,やがて神の言葉にもそむきサムエルとも不和となった。またペリシテ人との戦いに数々の武勲を立て,人々に愛されるようになった部下の将ダビデが主とともにあるのをみて嫉妬し,彼を殺そうとしたが果せなかった。やがてペリシテ人との戦いに敗れ,ギルボア山中で自殺した (同 31章) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サウル

イスラエル王国初代の王(在位前1020年ころ―前1000年ころ)。ベニヤミン族の出身。預言者サムエルによって即位。モアブ,アンモン,エドム,フィリスティア(ペリシテ),アマレク諸族との戦いに勝利をおさめ,王国を危機から救った。
→関連項目イスラエル王国ダビデ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サウル【Saul】

イスラエル初代の王。在位,前1020ころ‐前1000年ころ。ヨルダン川東側の民の侵略を撃退して北方諸部族の王に推され,サムエルにより認定される。海岸地方より持続的な軍事的圧迫を加えていたペリシテ人に対抗するために,伝統を超えた軍事行動を試みてサムエルから見捨てられ,またダビデの軍事的才能を恐れて殺害を企てるなど,晩年は精神が不安定となった。ペリシテ戦にも敗れて,長子ヨナタンとともにギルボア山で戦死した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサウルの言及

【イスラエル王国】より

…前1020年ころ,預言者サムエルの指導の下に,イスラエル諸部族がベニヤミン族出身のサウルを王に選び,近隣諸民族の王政にならって建てた王国。それまでの緩やかな部族連合では,海岸地帯から内陸に向かって勢力を拡大してきたフィリスティア人(ペリシテ人)に対抗できないと悟ったからである。…

【サムエル記】より

…書名にもかかわらず,預言者サムエルが主役を演じるのは上8章までと12章のみである。上1~7章は,シロの神殿に仕えたサムエルの少年時代,シロを中心とするイスラエル部族連合がペリシテ人に敗北した経緯,士師サムエルの活動などについて,上8~15章は,サウルがイスラエル初代の王に選ばれたいきさつ,サウルとペリシテ人の戦い,サウルとサムエルの仲たがいなどについて語る。上16~下8章には,サウルの宮廷に仕えた牧童ダビデが,多くの苦難を乗り越えてついにイスラエルとユダの王となり,大帝国を建設したことを物語る〈ダビデ台頭史〉,下9~20章には,ダビデの王子たちの争いと反乱などを伝える〈ダビデ王位継承史〉(《列王紀》上1~2章に続く)が認められる。…

【ダビデ】より

…ユダのベツレヘムのエッサイの子。羊飼いの少年ダビデは,琴の名手として,悪霊に悩まされていたイスラエル王サウルを慰めるため宮廷に出仕した。別の伝承によると,ペリシテ人の勇士ゴリアテGoliathを倒して認められ,サウルに仕えるようになったという。…

※「サウル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サウルの関連キーワードサウル(古代イスラエルの初代の王)サウル(アルフィエーリの悲劇)フロイド・メイウェザーオースティン トラウトマウリッツハイス美術館フィリスティア人カルロス ペレスアルフィエーリC. ロルフスサルビーニユダヤ音楽ラ・タイユイシボセテ葬送行進曲ザイサン湖イズレルユダヤ人ゴリアテテラピムユダ王国

サウルの関連情報