コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サッサフラス サッサフラス Sassafras officinale; sassafras

4件 の用語解説(サッサフラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サッサフラス
サッサフラス
Sassafras officinale; sassafras

クスノキ科の落葉高木で,北アメリカ東部原産。カナダからフロリダまで分布するが,北方では低木となる。葉は互生し,長さ8~12cm。上面緑色で下面は灰白色,卵形または楕円形,全縁で先端は3つに裂けることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サッサフラス(sassafras)

クスノキ科の落葉樹。高さ2~3メートル。葉は楕円状卵形で、しばしば先が一~三つに裂ける。雌雄異株。5月ごろ、新葉に先がけて緑黄色の小花をつける。北アメリカの原産。材を香料の原料にする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サッサフラス【Sassafras】

クスノキ科の落葉高木。北アメリカ原産。葉は広卵形で三裂し、薄い。雌雄異株。五月頃、葉より少し先に緑黄色の小六弁花をつけ、のち黒熟する核果を結ぶ。根から香料をとる。樹皮・根は発汗・利尿薬。材は耐湿性があるので、桶おけや船材とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サッサフラス
さっさふらす
[学]Sassafras veriifolium Ness

クスノキ科の落葉高木。北アメリカ原産。葉は互生し、卵形ないし楕円(だえん)形で長さ約10センチメートル、基部に3本の葉脈が目だつ。全縁または先端が3裂し、表面は緑色で裏面は灰白色を帯びる。雌雄異株。春に葉に先駆けて花をつけ、花被(かひ)は6枚で黄緑色、遅くなって咲く花は青色を帯びる。果実は直径1.5センチメートルほどの楕円形の核果で黒色に熟す。心材は橙褐色(とうかっしょく)、辺材は黄色で、昔は木質部を小片にしたものを生薬(しょうやく)とし、発汗、利尿剤に用いた。現在は根の皮に約7.5%含まれる精油が香料やたばこの芳香づけに用いられる。精油の主成分はサフロールで約80%含まれている。材は耐湿性があるので船材、桶(おけ)、柵(さく)などに使われる。近縁のS. albidum Nessも北アメリカに分布し、根がサッサフラスと同様の目的に用いられ、この種がサッサフラスとよばれる場合がある。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サッサフラスの関連キーワード楠分限楠木プニクスの丘グランド・バンクスの幻影グリーンパークすのかわヘンドリックスの遺産リンクスの殺人事件埼玉県所沢市くすのき台楠〈町〉楠町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone