コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サヌーシー教団 サヌーシーきょうだんSanūsīyah

2件 の用語解説(サヌーシー教団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サヌーシー教団
サヌーシーきょうだん
Sanūsīyah

イスラム教スーフィー教団の一派。 19世紀サヌーシー (1791~1859) により,アラビアおよび北アフリカに設立された教団。当時ワッハーブ派とともに,イスラム教の近代化をはかり,中世イスラムの来世主義を排し,ヨーロッパ列強の侵入に対処するため現実のイスラム社会の改革を志向し,独自の軍隊を組織し列強の侵入と戦った。この教団は,現在も北アフリカで大きな力をもっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サヌーシー教団
さぬーしーきょうだん

リビアを中心とした北アフリカに影響力をもったイスラム神秘主義教団アルジェリア生まれのムハンマド・ベン・アリー・アッサヌーシーMuammad b.‘Al al-Sans(1791―1859)が1837年にメッカで創設した。1843年に本拠をリビアに移して以来、キレナイカ地方を中心に北アフリカ一帯の遊牧民の間で勢力を拡大した。20世紀初頭からフランスやイタリアの植民地支配に抵抗するジハード(聖戦)を継続することによって、教団はリビア民族運動の中心的政治勢力になり、4代目の教団指導者ムハンマド・イドリース・アッサヌーシー(1889―1983)は、1951年のリビア独立とともに国王に就任した。教団の社会的影響力は王政下でも低下していったが、1969年革命によって王政を打倒したカダフィ政権は教団活動を禁止した。カダフィはイスラム解釈についてサヌーシー教団の影響を受けているが、神秘主義には反対の立場をとっており、教団の復活は困難とみられる。[宮治一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサヌーシー教団の言及

【キレナイカ】より

…リビア領土の画定自体が西欧列強のアフリカ分割という近代の所産であり,内陸部を含めた今日のキレナイカという単位も,1934年のイタリアの一括支配の結果である。 他方,19世紀半ばサハラ東部で始まったイスラム改革運動であるサヌーシー教団の運動は,オアシス伝いに広範な地域の民衆を組織した。リビアのオスマン帝国支配下からイタリア植民地化への移行が決定した1912年,教団の中核イドリース家はキレナイカを一円的に支配し,20年にわたり当地域はイタリアの侵入を阻止し,リビア民族の解放区の様相を呈した。…

※「サヌーシー教団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone