コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サポナリア Vaccaria pyramidata; cockle; cow herb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サポナリア
Vaccaria pyramidata; cockle; cow herb

本来はナデシコ科の1属名であるが,園芸的には同じナデシコ科のバッカリア・ピラミダータをさす。以前,本種がサポナリア属に分類されていたため,そのままの名で定着した。ヨーロッパ南部原産の一年草茎葉は無毛。葉は無柄の心臓形で,対生する。細かく分枝し,茎頂に5弁花を1花ずつつける。花色は淡いピンクで,直径 12mm前後。萼 (がく) の部分はかなりふくれている。カスミソウに似た草姿で草丈は 50cm前後になり,切り花や花壇用に使われる。和名のドウカンソウ (道灌草) は,江戸時代道灌山の薬草園で育てられていたためとされる。秋に種子をまき,日当りと水はけのよい環境で育てる。倒伏しやすいので,早めに支柱を立てるとよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

サポナリア【Saponaria】

サボン草 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サポナリア
さぽなりあ
[学]Saponaria

ナデシコ科の1属名。アジア、ヨーロッパ、北アフリカの原産。代表種のサボンソウS. officinalis L.はヨーロッパ原産の多年草で、おもに花壇用に栽培される。茎は分枝して横にはい、上部は直立して高さ20~90センチメートルになる。葉は対生し、披針(ひしん)形で9~10センチメートル、毛はなく、3本の葉脈が目だつ。6~8月、円筒状の萼(がく)の先に、弁先がへこんだ径4センチメートルの5弁花を円錐(えんすい)状集散花序につける。花色は桃色を帯びた白色。変種として赤色や桃色のものがあり、八重咲き種もある。じょうぶでやせ地でもよく育ち、日当りのよい所でよく繁茂する。繁殖は株分け、実生(みしょう)、挿芽による。根や葉にサポニンやサポナリンを含み、水に浸(つ)けると汁液がせっけんのように泡を出すのでサボンソウの名がある。乾燥した根は去痰(きょたん)薬、体質改善薬に用いる。
 本属には栽培種としてサボンソウのほかにツルコザクラS. ocymoides L.やS. caespitosa DC.などがある。[神田敬二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サポナリアの関連キーワード蔓小桜

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android