コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サモア諸島 サモアしょとう Samoa Islands

4件 の用語解説(サモア諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サモア諸島
サモアしょとう
Samoa Islands

南太平洋,ポリネシアの西部に位置する島群。面積 3132km2。浸食の進んだ火山島で,地形は険しいが土壌は肥沃である。5~11月に強い南東の貿易風が吹き,しばしばハリケーンに襲われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サモア‐しょとう〔‐シヨタウ〕【サモア諸島】

サモア

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サモアしょとう【サモア諸島】

南太平洋の日付変更線の東方に分布する島々。主要部はサモア独立国、東部はアメリカ領サモア。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サモア諸島
さもあしょとう
Samoa Islands

南太平洋中部、ポリネシアの西端に位置する火山島群。西経171度線を境にして東側はアメリカ領サモア、西側は独立して独立国サモア(旧西サモア)となっている。東サモア、つまりアメリカ領サモアにはツツイラ島マヌア諸島(タウTau、オフOfu、オロセガOlosegaの3島)、スウェインズSwains島などがあり、面積197平方キロメートル。独立国サモアはウポル、サバイイ両島およびその他の小島からなり、面積2831平方キロメートル。人口はアメリカ領サモア5万7291(2000)、独立国サモア約17万(2000推計)。
 独立国サモアの住民はポリネシアでもっとも純血度の高いサモア人であると誇っているのに対し、東サモアの住民はアメリカン・サモアとよばれ、混血が多いとされるが、本来はまったく同じ人種が住んでいたものが、近世の歴史のなかで異質化されたものである。全域を通してココナッツ、バナナ、カカオ、木材を産し、コプラはサモアの重要な輸出品である。東サモアでは魚類缶詰工業が労働人口の15%を吸収し、全輸出額の90%を占め、ほとんどアメリカ向けに輸出される。サモアには、建設、ビール醸造、たばこ、缶詰などの企業が多い。そのほか、観光はアメリカ領および独立国サモア共通の大きな収入源である。
 この諸島を初めて訪れたヨーロッパ人はオランダ人ロッヘフェーンJ. Roggeveen(1659―1729)で1722年のことであるが、68年フランス人ブーゲンビルがナビゲーターズNavigators諸島と命名した。19世紀に入ると、この海域の島々をめぐってイギリス、ドイツ、アメリカによる領有争いが起こり、いったん三国共同保護化を取り決めたのち、1899年、西経171度線によって二分して、東をアメリカが、西をドイツが領有し、南のトンガ諸島はイギリスの保護国(現在は独立国)となった。第一次世界大戦で西サモアはニュージーランド軍に占領され、同大戦後ニュージーランドの委任統治領、1947年からは同国の国連信託統治領となったが、61年5月に国連管理下で住民投票を行って独立を決め、62年1月、西サモアとして完全に独立、さらに97年7月国名を「西サモア」から「サモア」に変更した。1830年イギリス人宣教師によるキリスト教伝来後、全域がキリスト教化している。[大島襄二]

住民

サモア人は人種的にも文化的にもポリネシア系に属し、皮膚は淡褐色、大柄である。西欧化の進んだポリネシアのなかでは混血も少なく、日常会話ではオーストロネシア語に属するサモア語が用いられ、演説や儀式、姻族間の儀礼交換といった習慣もその社会的機能を失っていない。独立国サモア(旧西サモア)とアメリカ領サモアでは、市場経済の浸透とそれに伴う社会変容の程度に違いがみられ、前者が農耕主体の半自給自足生活を営んでいるのに対し、後者は現金収入への依存度がかなり高い。しかしどちらの社会も、家長に率いられた伝統的大家族制を営み、家長の称号名の下に土地の共同保有を行っている。同じ文化に属するという認識は強く、国境を越えた通婚が互いに行われ、親族関係を通じて頻繁に往来がある。ほぼすべての人々はキリスト教徒を自認し、また識字率も高い。近年の著しい人口増加に伴って海外移民が急増し、今日ではアメリカ合衆国やニュージーランドに14万人以上のサモア人が居住し、コミュニティを形成している。[山本真鳥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サモア諸島の関連キーワードサモア語ポリネシア語派ポリネシア人パリキールトライネシアマレーポリネシア語族東メラネシア海溝イースター[島]ポリネシア諸語カピンガマランギ[島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サモア諸島の関連情報